ケンモ匿名ダイアリー

ケンモメン達と名前を隠して虚しく日記(ヽ´ん`)

article:336

>「フェミニストのみなさんも僕みたいな男の存在にはだんまりなんですよね、男にだって弱者はいますし、こんな僕のような存在は女の人以上に救いがないのに」

フェミニストにはルッキズム否定派も多いし、男でも障碍者だったら普通に弱者として取り扱われていると思うが

要は弱者性の源泉がはっきりしないから有効な対策が打たれずに苦しいってだけの事じゃね?

記事の反応(0) | 返信 | 21/04/12 13:46:41

◆たとえ「キモくて金のないおっさん」だとしても

 内藤さんは30を過ぎたばかりだというのに退職を余儀なくされた。この歳でおじさんはないと思うが、内藤さんは年齢の問題じゃなく見かけの問題だという。
若ハゲでキモい自分は30歳でおじさんになったと。それもキモいおじさんだ。

「それから保育と関係ない工場の派遣とか介護、倉庫など転々として、いまは警備員の仕事をしています。
警備と言っても二号警備、工事現場の案山子です。工事現場、気楽ですよ。見かけもなにも関係ない世界ですし」

“KKO”というネットスラングがある。「キモくて金のないおっさん」を略したものだが、内藤さんは自分がまさにそれだという。
それは違うと私は思うが、現実に彼のような中高年を救う社会的コンセンサスは皆無といっていい。
不幸で理不尽な退職だったとはいえ、その後が非正規や派遣ばかりというのもまずかった。

「フェミニストのみなさんも僕みたいな男の存在にはだんまりなんですよね、男にだって弱者はいますし、こんな僕のような存在は女の人以上に救いがないのに」

 なるほど、同じ条件でもおばさんなら弱者だが、おっさんは弱者とみなされない。
憲法上の「健康で文化的な最低限度の生活」という25条すら適用されないと言ったら言い過ぎだろうか。
だがKKOというだけで生活保護を受けようと思ってもまず無理なのは事実だろう。これは団塊ジュニアの男全員が将来的に危機感を持つべき、恐ろしい通念である。
「キモくて金のないおっさん」を国も社会も救わない。

「僕は女性経験もありません。保育士時代に仲が良くなったり好きになった同僚はいますが、
やっぱりこんな容姿ですからね、恋愛感情を出した途端に嫌われ、の繰り返しでした」

 別にブサイクでも結婚できたり彼女のいる人はいる。内藤さんは面白いキャラを頑張って作れるが、それだけでは難しいのだろう。
怪物として怖れられるが本当は心優しいと気づく姫と相思相愛になる映画『シュレック』は、おとぎ話でしかないということか。

「なんでこんな罰ゲームのような人生になったかわかりませんが、前世でなにかしたんでしょうかね。
このまま歳を取ると思うと、早くこんなクソゲーみたいな人生終わらせたいと思うこともあります。
でもね、今の子どもたちは違ってきてると思います。生まれる前からかわいいとか平等にかわいいとか、子ども向けでもそういうことが言われる時代です。
そういう世の中になるべきです。僕は来世に期待ですけど、子どもたちは容姿の偏見に左右されない将来を迎えて欲しいと思います」

こんなおじさんが団塊ジュニアにはごまんといるだろう。キモくて、金がなくて、オタクの童貞おじさんだとKKODOか。
一人暮らしの内藤さんは違うが、これに子供部屋おじさんの属性を加算したらKKODKOとなる。なんだか国連機関にありそうだ。

「昔は、世の中の偏見通りに踏み外してなるものか、なにくそと思う部分が強かったんですが、40歳を過ぎて、だったらみんなが思うようなヤツになってやろうかと思う自分がいるんです。怖いですね」

 真っ正直かつ真面目な人でも、理不尽の積み重ねがひどいと歪んでしまう。社会の不条理に真正面から向き合うのは危険だ。
暴走したKKOは無敵である。これまでの「おっさんなんか野垂れ死ね」ではなく、治安面でも救済は考えるべきだ。

「でも僕はオタクだからよかった。そんな面倒なことより趣味の同人誌のほうがいいです。アニメやゲームなど、二次元の世界で十分に満ち足りています」

 そう、幸い内藤さんには趣味のアニメやゲーム、そして同人活動がある。趣味と創作に生きるのは健康的だし、内藤さんにとっての幸福だろう。
蔑視する者は数多いるだろうが、相対的な幸福など必要ない。幸せは自分のものだ。
幸福の絶対化だ。内藤さんはそう悟ることができるくらい、何度も書くがまともな人なのだ。
(中略)
 それにしても、次代の子どもたちにこうした我々世代の悪しきルッキズムが継承されないことを願わずにはいられない。
私も美しいもの、可愛いもの、カッコ良いものは大好きだが、だからといってそうではない側のリアルな人権まで奪う社会の現状はうんざりだ。

全文 
https://www.news-postseven.com/archives/20200301_1545416.html/4  

記事の反応(1) | 返信 | 21/04/07 11:39:34

Vtuberの信者って西野にプペってる奴と同じよな

Vtuberに【名前を呼んでもらえる権】1,000円
Vtuberに【コメントを読んでもらえる権】10,000円
Vtuberに【コメントに返信してもらえる権】50,000円

【西野があなたを意識する権】\10,000 サポーター数 123人
https://b.imgef.com/5M8gj8f.jpg
このリターン購入してくださった貴方の名前をマジマジと見て、「ああ。○○さんが支援してくださったんだぁ」と西野が貴方のことを明らかに意識して、感謝し倒します。そして、貴方が困った時は対面時に本気で相談にのります!

【目をそらしながら御礼】\500 サポーター数 53人
https://b.imgef.com/r3dQFOF.jpg

【態度悪く御礼】\500 (※ツンデレ好き限定) サポーター数 68人
https://b.imgef.com/VkH3i15.jpg

【真っ直ぐ目を見て御礼】\1,000 サポーター数 222人
https://b.imgef.com/pPzag00.jpg

【西野を休ませる権】\100,000 サポーター数 3人
https://b.imgef.com/BD7VUmE.jpg
多忙な西野が丸一日全力で休んで、その間、「この休みをプレゼントしてくださったのは、◯◯さんなんだなぁ」と、あなたのことを想い続けます。一日の最後に西野からお礼のメールが届くかも。

https://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/8/5/85781869.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/d/f/df72e3d6.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/4/4/44625e2e.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/2/0/20785716.jpg

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/23 05:34:32

2021/03/20 18:09 宮城県沖 M6.9 最大震度5強

南三陸町の宿泊施設関係者 @NHK

・お客様のためのエビフライを揚げていた
・ゴーンという凄い揺れがきた
・すがりつきながらエビフライを揚げた
・こんなことは初めてだ
・お客様は問題なくエビフライを食べた

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/20 20:16:48

【画像】身長100cmの障がい者「結婚する時、夫の家族に大反対され結婚式は誰も来なかった。そんな私も立派な二児のママです」 [415357617]

12+21 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 7dc5-mieA) [] :2021/03/13(土) 21:29:12.20 ID:oHTSEDB50 [PC]
最近人間の究極がこういう人達なのかなと思うようになった
弱者と言われる人達を簡単に切り捨てたり無視するとかサルにだって出来るし

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/14 00:06:19

小林秀雄『考えるヒント』
西部邁『虚無の構造』
木田元『ハイデガーの思想』
大森荘蔵『時は流れず』
ホセ・オルテガ『大衆の反逆』
永井均『これがニーチェだ!』
大澤真幸『不可能性の時代』
保田與重郎『日本の橋』
ナンシー関『テレビ消灯時間』
アラスデア・マッキンタイア『美徳なき時代』
福田和也『近代の拘束、日本の宿命』
福田恆存『人間・この劇的なるもの』
村上泰亮『反古典の政治経済学』
向田邦子『霊長類ヒト科動物図鑑』
ノーム・チョムスキー『生成文法の企て』
柄谷行人『世界史の構造』
浅田彰『逃走論』
東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』
宮台真司『14歳からの社会学』
パスカル『パンセ』
池田晶子『メタフィジカル・パンチ』
呉智英『封建主義者かく語りき』
大塚英志『物語消費論』
佐伯啓思『経済学の犯罪』
中野剛志『国力とはなにか』
シモーヌ・ヴェイユ『重力と恩寵』
江藤淳『自由と禁忌』
養老孟司『無思想の発見』
内田樹『日本辺境論』
中沢新一『虹の理論』
カール・ポパー『開かれた社会とその敵』
吉本隆明『ハイ・イメージ論』
栗本慎一郎『パンツをはいたサル』
小室直樹『悪の民主主義』
阿部謹也『世間とは何か』
網野善彦『日本社会の歴史』
イマニュエル・ウォーラーステイン『世界システム分析』
中村雄二郎『21世紀問題群』
松岡正剛『誰も知らない世界と日本のまちがい』
茂木健一郎『意識とはなにか』
伊丹十三『日本世間噺大系』
ローレンス・レッシグ『REMIX』
河合隼雄『過保護なくして親離れはない』
小此木啓吾『フロイト』
松井孝典『われわれはどこへ行くのか?』
澁澤龍彦『エロティシズム』
リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯』
梅原猛『日本の深層』
梅棹忠夫『文明の生態史観』
今西錦司『人間社会の形成』
司馬遼太郎『この国のかたち』
ハンス・ゲオルク・ガダマー『真理と方法』
山崎正和『大停滞の時代を超えて』
吉川幸次郎『中国の知恵』
山折哲雄『宗教の力』
寺山修司『幸福論』
ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか』
加藤尚武『20世紀の思想』
宮沢賢治『無声慟哭』
中上健次『風景の向うへ・物語の系譜』
永井荷風『断腸亭日乗』
ドストエフスキー『地下室の手記』
見沢知廉『獄の息子は発狂寸前』
町田康『実録・外道の条件』
池田純一『ウェブ文明論』
谷崎潤一郎『陰翳礼讃』
ジョン・グレイ『グローバリズムという妄想』
廣松渉『哲学入門一歩前』
丸山圭三郎『言葉・狂気・エロス』
岸田秀『ものぐさ精神分析』
立川談志『談志 最後の落語論』
アイン・ランド『利己主義という気概』
山本七平『空気の研究』
谷沢永一『人間通』
土居健郎『甘えの構造』
中野翠『毎日一人はおもしろい人がいる』
エマニュエル・トッド『世界の多様性』
橋爪大三郎『政治の教室』
小浜逸郎『人はなぜ働かなくてはならないのか』
櫻田淳『国家の役割とは何か』
小谷野敦『もてない男』
中島義道『人生に生きる価値はない』
プラトン『ソクラテスの弁明』
三島由紀夫『葉隠入門』
岡本太郎『今日の芸術』
村松剛『教養としてのキリスト教』
古井由吉『槿』
デイヴィッド・チャーマーズ『意識する心』
唯円『歎異抄』
宇野常寛『日本文化の論点』
斎藤環『ひきこもりOK!』
入不二基義『相対主義の極北』
スラヴォイ・ジジェク『ポストモダンの共産主義』
西垣通『基礎情報学』
井筒俊彦『意識と本質』
深沢七郎『人間滅亡の唄』
ダニ・ロドリック『グローバリゼーション・パラドクス』
西田幾多郎『西田幾多郎哲学論集』
柳田國男『日本の昔話』
丸山眞男『日本の思想』
葦津珍彦『みやびと覇権―類纂 天皇論』
エドマンド・バーク『フランス革命の省察』
菅野覚明『武士道の逆襲』
筒井康隆『天狗の落し文』
見田宗介『現代社会の理論』
水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』
ハーバート・ハート『法の概念』
橋本治『人はなぜ美しいがわかるのか』
村上陽一郎『科学の現在を問う』
坂本多加雄『国家学のすすめ』
ハンナ・アーレント『人間の条件』
野矢茂樹『無限論の教室』
山本夏彦『何用あって月世界へ』
浅羽通明『ナショナリズム』
シャンタル・ムフ『政治的なものについて』
松原隆一郎『消費資本主義のゆくえ』
村上龍『アメリカンドリーム』
仲正昌樹『ネット時代の反論術』
池田清彦『科学はどこまでいくのか』
アントニオ・ネグリ『未来派左翼』
齋藤孝『コミュニケーション力』
中西寛『国際政治とは何か』
色川武大『狂人日記』
埴谷雄高『薄明のなかの思想 宇宙論的人間論』
ニーチェ『善悪の彼岸』
松本健一『民族と国家』
和田秀樹『バカとは何か』
苫米地英人『テレビは見てはいけない』
糸井重里『インターネット的』
ソール・クリプキ『名指しと必然性』
勢古浩爾『ぶざまな人生』
佐々木俊尚『キュレーションの時代』
岡田斗司夫『オタクはすでに死んでいる』
佐藤優『テロリズムの罠』
ウィトゲンシュタイン『哲学探究』
鈴木謙介『カーニヴァル化する社会』
荻上チキ『社会的な身体』
兵頭二十八『戦争と経済のカラクリがわかる本』
高橋昌一郎『理性の限界』
アルビン・トフラー『未来の衝撃』
本田由紀『ニートって言うな!』
奥井智之『60冊の書物による現代社会論』
津田大介『情報の呼吸法』
與那覇潤『中国化する日本』
トマ・ピケティ『21世紀の資本論』
木村敏『心の病理を考える』
杉田敦『現代政治理論』
間宮陽介『市場社会の思想史』
渡辺京二『逝きし世の面影』
ペーター・スローターダイク『大衆の侮蔑』
鷲田清一『教養としての死を考える』
岩井克人『会社はこれからどうなるか』
塩野七生『男たちへ』
キルケゴール『死にいたる病』

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/12 20:19:04

清貧とアフィカス

誰でも副業で稼げる時代になったとは言うものの、

何の才能も技術もない人間が行える副業なんて小手先のSEOだけこだわったゴミみたいないかがでしたブログを量産してインターネットを汚染し続けるか、転売屋として周りに迷惑かけるかくらいのもんだよなぁって。

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/08 13:54:04

珍棒

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/08 09:01:50

でんしゃがだいすきなおともだちへ

おそとを はしる でんしゃは、
たくさんのひとを のせて はしっているんだ。
おもちゃの でんしゃじゃ ないんだよ。
だからね、
せんろのなかに はいったり、
でんしゃが はしるのを じゃましたり、
まわりのどうろや おうちや  ちゅうしゃじょうなんかに
「はいってもいいよ」っていわれてないのに
かってに はいったりして、
でんしゃを みたり しゃしんを とったりするのは、
やったら ダメな ことなんだ。
おそとを はしる でんしゃは、
おもちゃじゃ なくって こうきょうこうつうきかん。
よくおぼえていてね!!
※いみがわからないおともだちはおうちのひとによんでもらってね。 

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/06 04:41:00

towanaちゃんかわいい

記事の反応(0) | 返信 | 21/03/04 09:37:58

ああああ

あああ

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/23 15:35:28

ああ

あああ

記事の反応(1) | 返信 | 21/02/23 15:06:51

あいちトリエンナーレ2019 と 大村秀章・愛知県知事リコール署名 関係の出来事(書きかけ)

はてなで書こうと思ったけど、何かURL多すぎたせいか
投稿できなかったので、こちらに書いておく
誰が読むかは知らんが・・・
 
(本記事について)
●「あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」展示中止」並びに、大村秀章・愛知県知事リコール署名に関する諸問題・事件に関し、
時系列順で、事件並びに根拠となる情報ソースへのリンクを記載することで、総合的・俯瞰的に、問題・事件全体を理解する一助とするもの。
 
●次に掲げる記事を参考にし、記事URL等を補う等して、作成した(と言うより、ほぼ孫引き)。
 まとめ:あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」展示中止にまつわるタイムライン(『美術手帖』)
 https://bijutsutecho.com/magazine/insight/20294
 愛知県知事リコール不正署名まとめ(住吉住吉)
 https://note.com/matomeaici/n/nc3e250179dcf
 あいちトリエンナーレ(Wikipedia)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC
 
●各個人の発言・見解については、その要旨を掲げた。
 
●各個人のTwitter等での発言(特に高須克弥)についても、記載しようと考えたが、面倒なので、差し当たり省略する。
 気が向いたらやるかもしれない。

●本記事と併せて、記事リンク集も作成しようと思ったが、これも面倒なので、差し当たり省略する。
 
●各事件の情報ソースは、
 公式発表等については、その発表等を、
 報道機関については、新聞五大紙並びにNHKの報道を基本として記載することに心がけた。
 公式発表等や主要メディア等の報道を見つけられなかった場合や、必要を認めた場合は、他の情報ソース(例えば、『美術手帖』)を併記している。
 また、報道等の根拠となるURLを併記している。
 
●URL等併記していないものは、前掲記事からの引用or先に併記したURLで記載されているため省略している。
 
●現存する情報ソースを、選定して記載したつもりだが、今後、リンク切れ等の可能性は十分にあるので、読者におかれては、必要に応じ、魚拓を取る等されたい。
 (記事作成者としては、現状、それをするつもりはない。)
 
●本記事における、記事作成者の国語の使用や、記事蒐集等の稚拙さ等については、ご海容いただきたい。
 訂正すべき事項等があれば、都度指摘いただければありがたい。
 本記事に追加するべき事件があれば、
 1「記事名又はその要旨」
 2「根拠となる情報ソースのURL等」
 の例により、都度、指摘等していただければありがたい。
 
 
 
 
(出来事)
2017-08-01
 津田大介が、あいちトリエンナーレ芸術監督選考委員会の推薦を受け、「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督に就任する。
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/2017071801.html
2019-03-27
 「あいちトリエンナーレ2019」の企画発表会において、「表現の不自由展」が行われることと、その展示主旨が公表される。
 https://www.youtube.com/watch?v=vQXVPM0AYnU
2019-07-31
 朝日新聞が、《平和の少女像》が「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」に出品されることを報道。
 https://www.asahi.com/articles/ASM7W5KJPM7WOIPE00M.html
2019-08-01
 「あいちトリエンナーレ2019」開幕。
 https://aichitriennale2010-2019.jp/2019/about/index.html
2019-08-02
 河村たかし・名古屋市長が「表現の不自由展・その後」を視察。大村秀章・愛知県知事に対し、《平和の少女像》の展示中止と撤去を要請。「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの」と発言。
 https://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000118997.html
 菅義偉・官房長官が、記者会見で「『あいちトリエンナーレ』は文化庁の補助事業として採択されている。審査の時点では、具体的な展示内容の記載はなかったことから、補助金の交付決定では事実関係を確認、精査したうえで適切に対応していきたい」と発言。
 https://www.asahi.com/articles/ASM823TN6M82UTFK00G.html
 津田大介が、記者会見で、「行政が展覧会の内容に口を出し、認められない表現は展示できないとなれば、それは憲法21条で禁止された『検閲』にあたる」と主張する。
 https://www.asahi.com/articles/ASM825W48M82OIPE01R.html
2019-08-03
 大村秀章・愛知県知事並びに津田大介が、記者会見で、「表現の不自由展・その後」展示中止を発表。
 https://www.asahi.com/articles/ASM833DC1M83OIPE003.html
 https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4324/index.html
2019-08-04
 「あいちトリエンナーレ2019」が「表現の不自由展・その後」展示中止後、初めて開場する。
2019-08-05
 河村たかし・名古屋市長が、記者会見で「最低限の制限は必要」と発言する。
 https://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000118997.html
 大村秀章・愛知県知事が、記者会見で「公権力を行使される方が、「この内容は良い、悪い」と言うのは、憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない。そのことは自覚されたほうが良かったのではないか。裁判されたら直ちに負けると思う」(要旨)と発言する。
 https://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/2019/08.05.html
 菅義偉・官房長官が、記者会見で「一般論として、暴力や脅迫はあってはならない」と発言する。
 https://www.asahi.com/articles/ASM853SJ3M85UTFK006.html
 松井一郎・大阪市長が、記者会見で「民間であれば展示は自由だが、税金を投入してやるべきではなかった」と発言する。
 ※慰安婦等についても言及があるようだが、記事全文を確認できないので省略した。
 https://mainichi.jp/articles/20190805/k00/00m/040/182000c
 津田大介が、ラジオ番組「JAM THE WORLD」に出演し、「検閲というよりは、文化・芸術に対するテロの問題です」と発言する。
 https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20293
2019-08-07
 松井一郎・大阪市長が、記者会見で、少女像について、行政のトップが批判することについて、表現の自由の侵害にならないとする見解を示す。
 https://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000466999.html
2019-08-09
 大村知事が、芸術祭を検証する委員会として「あいちトリエンナーレのあり方検討(検証)委員会」(2019-09-25、改称。以下、2019-09-25までは「あいトリ検証委員会」、2019-09-26以降は「あいトリ検討委員会」と呼ぶ。)を設置(設置根拠「あいちトリエンナーレのあり方検討委員会設置要綱」。愛知県の通達?)。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/aititoriennale-kennsyou.html
2019-08-10
 あいちトリエンナーレ実行委員会(以下、「あいトリ実行委員会」と呼ぶ。)、「表現の不自由展・その後」実行委員会(以下、「不自由展実行委員会」と呼ぶ。)の公開質問状に回答する。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20336
2019-08-16
 津田大介が「表現の不自由展・その後」について「お詫びと報告」を公開。
 https://medium.com/@tsuda/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC2019-%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E4%B8%8D%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%B1%95-%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BE%8C-%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E8%A9%AB%E3%81%B3%E3%81%A8%E5%A0%B1%E5%91%8A-3230d38ff0bc
 https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20354
 あいトリ検証委員会第1回会議開催
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/gizigaiyo-aititori1.html
2019-09-17
 あいトリ検証委員会第2回会議開催
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/gizigaiyo-aititori2.html
2019-09-23
 あいトリ検証委員会主催の「表現の自由に関する国内フォーラム」開催。
 https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20533
2019-09-25
 あいトリ検証委員会第3回会合開催。中間報告で「表現の不自由展・その後」展示再開の方向性が定まる。
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/gizigaiyo-aititori3.html
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/gizigaiyo-aititori5.html
2019-09-26
 文化庁が、「あいちトリエンナーレ2019」への補助金全額不交付を決定する。理由は申請手続きの不適切。
 https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1421672.html
 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/23349.html
2019-09-30
 あいトリ実行委員会と不自由展実行委員会、「表現の不自由展・その後」展示再開に向けて合意。
 https://www.asahi.com/articles/ASM9Z6FL5M9ZUCVL047.html
 https://www.sankei.com/life/news/190930/lif1909300024-n1.html
2019-10-01
 文化庁の補助金不交付決定について、議事録が存在しないことが判明。
2019-10-09
 あいトリ実行委員会が、「あいち宣言(プロトコル)」の草案を発表する。
 https://aichitriennale2010-2019.jp/2019/news/2019/004317.html
2019-10-14
 「あいちトリエンナーレ 2019」閉幕
2019-10-16
 宮田亮平・文化庁長官が、参議院予算委員会で、「補助金不交付を見直す必要はないと考えた」と述べる。立憲民主党の福山哲郎議員の質問に答えたもの。
 https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=120015261X00120191015&current=14
2019-11-08
 「ReFreedom_Aichi」が、「あいちトリエンナーレ 2019」補助金不交付の撤回を求める署名を、文化庁へ提出しないことを決定する。
2019-12-18
 あいトリ実行委員会が、「あいち宣言(プロトコル)」の最終案を発表する。
 https://aichitriennale2010-2019.jp/2019/news/2019/004419.html
 あいトリ検討委員会が、第3回会合を開催し、「表現の不自由展・その後」に関する調査報告書」(最終報告書)を決定する。
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/gizigaiyo-aititori5.html
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/triennale-finalreport.html
2020-03-23
 文化庁が、「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金全額不交付とした決定を撤回し、補助金を減額して交付することを決定する。
 https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/20032301.html
2020-03-24
 あいトリ検討委員会廃止
2020-05-21
 あいトリ実行委員会が、負担金3380万円余の支払いを求めて、名古屋市を提訴する。
 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/37378.html
2020-06-01
 高須克弥が、大村秀章・愛知県知事のリコール(解職)を目的とする政治団体「愛知の未来をつくる会」(又は「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」。以下、「リコール運動団体」と呼ぶ。)を設立する。
 https://aichi-recall.jp/organization.html
 https://www.ctv.co.jp/news/articles/72u2igek9bikgpok.html
2020-08-25
 リコール運動団体が、大村秀章・愛知県知事のリコールのための署名集め(以下、「リコール署名集め」と呼ぶ。)を開始する。
2020-10-25
 リコール運動団体が、リコール署名集めを終了する。
2020-11-04
 リコール運動団体が、集計した署名を、愛知県内各地域の選挙管理委員会に提出する。
2020-11-05
 署名簿提出締め切り(ただし、首長選のため署名集めが禁止されていた豊橋や岡崎、稲沢、知立、豊山の5市町については、最長で12月19日まで)
 ※5市町の署名集めの期間
 岡崎市 10/19~12/19
 豊山町 08/25~09/19 11/02~12/08
 豊橋市 08/25~09/16 11/09~12/18
 稲沢市 08/25~10/03 11/23~12/15
 知立市 08/25~10/23 11/30~12/02
 https://note.com/matomeaici/n/nc3e250179dcf ※孫引き

2020-11-06
 愛知県選挙管理委員会が、活動が終わった地域の全選管で計43万5231筆を受け取った旨、明らかにする。
 https://www.asahi.com/articles/ASNC76RLXNC7OIPE00J.html
2020-11-07
 高須克弥が、体調の悪化を理由にリコール運動団体によるリコール署名集め等の活動休止を発表する。署名簿提出の締め切りが到来していない豊橋等の5市町についても終了。
 https://www.asahi.com/articles/ASNC76RLXNC7OIPE00J.html

2020-12-22
 愛知県の複数の県議会議員や市議会議員が、リコール運動の署名で、無断で名前を使用された旨、共同通信の取材に証言する。
>>美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが主導した愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動で、複数の愛知県議や市議が22日、「無断で名前を書かれた」と取材に証言した。リコール運動を巡っては、不正な署名が多数あるとの情報が寄せられ、愛知県選挙管理委員会が不正の有無を調査している。  神谷和利県議によると、不正署名があるとの情報を受け、自治体の選管に自己情報開示請求をしたところ、署名していない自身の氏名、住所、生年月日があり、指印まであったという。杉江繁樹県議も同様に身に覚えのない自身の署名が情報開示で判明したと取材に答えた。<<
 https://this.kiji.is/714073346336227328?c=39546741839462401
2021-02-01
 愛知県選挙管理委員会が、リコール運動団体が提出した署名の83.2%が無効である旨、調査結果を発表する。
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/senkyo/00000030201.html
2021-02-03
 愛知県弥富市の市議会議員5人が、愛知県の大村知事のリコール・解職請求に向けた署名活動を行った団体の署名簿に名前が勝手に使われ署名を偽造されたとして、地方自治法違反などの疑いで3日、名古屋地方検察庁に告訴状を送る。
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210203/k10012848501000.html
2021-02-04
 高須克弥が、記者会見で、選管が署名の約8割を無効と判断した調査結果について「ありえない数字が出ている。誰かが、活動をきずものにしようと(正しい署名集めを)妨害したのだろう」と発言する。
また、無効な署名の約9割を占めた同一筆跡の署名などについて「指示や、不正に気付いて黙認をしたことはない」と発言し、。活動の中心だった事務局の関与を否定し、「次に(大村知事の)リコール活動をする人が立ち上がらないようにするための妨害だった」との見解を示す。
 https://www.chunichi.co.jp/article/196983
2021-02-15
 愛知県選挙管理委員会が、不正署名に関する告発状を、愛知県警に提出する。
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/senkyo/00000030215.html
2021-02-16
 中日新聞が、リコール署名集めに大量のアルバイトが動員されていたと報道する。
 https://www.chunichi.co.jp/article/202740
2021-02-19
 愛知県議会が、事実解明を求める決議を全会一致で可決する。
 https://www.asahi.com/articles/ASP2M6345P2MOIPE019.html
 読売新聞が、リコール署名集めにおいて、名古屋市の会社が、署名収集の期限後も多数のアルバイトを集め、日付を偽って署名簿への名前の書き写し作業をさせていたと報道する。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20210218-OYT1T50198/
 
 
 
以上

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/23 15:03:17

今週から本気出す
本当だぞ

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/22 10:08:52

ダイソーで150円の電動泡立て器買ったから

ちょっと前ネットで見た卵白をメレンゲにして作る卵かけご飯作ってみたんだが言うほどではなかったなぁ

鰹節とか白だしとかネギとかもうちょっとこだわれば変わったんだろうか

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/22 09:23:19

「黒いインフルエンサー」が使う超典型的な技術
「扇動情報」から自分を守るために必要な知識
https://toyokeizai.net/articles/amp/410452?display=b
(前略)

うそをついた相手が発している6つのサイン
人はハイピングを仕掛けるとき、説得行動と回避行動が増えます。ここで言う説得行動、回避行動とは、聞き手を言いくるめるために出てしまう話し方の変化です。

【説得行動】

  1. 前置きが増える
  2. いつもよりも細かい内容を話す
  3. いつもよりも話が長くなる
  4. ポジティブな単語が増える
    これらはうそに気づかれず、相手を説得したい気持ちの表れです。

まず、「実はね……」「正直に言うと……」「ここだけの話……」「驚くかもしれないけど……」など、前置きが増えます。
これは前置きを増やすことで自分を落ち着かせ、ハイピングがスムーズに進むストーリーを練っているからです。

そして、信憑性を高めるために詳細なエピソードが入るので、結果的に話が長くなります。加えて、「本当にすごい儲け話なんだよ」
「今しかないよい話だと思うよ」「俺も初めて聞いたときはめちゃくちゃ興奮した」など、ポジティブな感情をアピールする単語が増えます。
これはうそに気づかれたくない気持ち、勢いで相手を押し切ろうという焦りがあるからです。

【回避行動】
5. 曖昧な言葉遣いが増える
6. 一人称が少なくなる

聞き手が疑問に思ったことを質問したとき、「こう思うんだよね」「……かもしれない」「だったはず」といった曖昧な言葉遣いが増えます。

また、「私が」「僕が」など、一人称が少なくなる傾向も。これはハイピングを仕掛ける側にも、根底には「できれば正直でいたい」
「うそはつきたくない」という思いがあるため、一歩引いた視点からストーリーを語ろうとするから。曖昧な言葉遣いと合わせて、責任を逃れたい気持ちの表れです。

交渉相手と話していて、ここに挙げたような説得行動、回避行動が出ていると感じたら要注意。この話には「うそがある」と疑っていきましょう。

その場で決断しないこと。話し手の勢いに押し流されないことが大切です。

いかそーす

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/21 21:13:02

独りでネガティブになる人の特徴

・睡眠不足
・運動不足
・家にこもる
・いい加減な食事
・病的な完璧主義
・長所進展ではなく短所是正
・スマフォのだら見
・過去の否定的出来事を考え続ける
・先々の心配をし続ける
・嫌われたかもと邪推し続ける
・自分のコンプレックスだけ注視する
・暇
・退屈

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/21 13:59:13

「8時間で250人書き写した」愛知リコール署名偽造、バイト男性は「人気案件」と証言

ぎゅうぎゅう詰めの会議室で黙々と…

不正に関わるとみられる求人が掲載されていたアルバイト情報マッチングサイトを運営する都内の企業は、
BuzzFeed Newsの取材に「署名偽造に関連すると思われる求人が過去に存在していた」と認めた。

サイトに求人情報が掲載されたのは昨年10月22~24日のあいだ。「未経験者大歓迎!佐賀市で名簿の書き換え作業!!」と呼びかけており、
時給900~1000円、交通費は500~1000円だった。

業務内容は「名簿の書き換え作業をお願いいたします。データをお渡しするので、それを元に修正を行っていただく」
「行政からのご依頼になるので、お名前・住所・電話番号を一定期間管理させていただきます」と明示されていた。
取材に応じた20代の男性も、このサイトを通じてバイトに参加した。

「最低時給が800円もしない佐賀県では、時給900円や950円は相当な好条件。ひたすら書くだけの単純作業であれば、
なおさら割がいいと感じ、応募しました。枠がすべて埋まる『人気案件』だったと思います」

「最初にこのアルバイトを口外してはいけない、と名前と住所つきの誓約書を書かされ、
携帯などの私物はビニール袋に入れて一番後ろの机に置くよう指示されました」

案内された机上には、愛知県の人たちの住所の記されたA4サイズの名簿、そして高須院長や河村市長の顔写真が載っている署名紙と、
ボールペンがあった。そのときはじめて、県知事リコール署名に関連した作業であると気がついた。

「リコールのため、佐賀で、しかもコロナ禍で大規模の作業をすることに違和感は覚えましたが、恥ずかしながら勉強不足で、
このような作業も正式に必要なのだな、佐賀は賃金も安いからだな、と思った程度でした」

スタッフは回収した紙を集計すると、追加の作業をするわけでもなく、
そのままダンボールに入れていた。あまりにも機械的な流れ作業で、やはり違和感を覚えた。

「運営スタッフは全部で数人で、どこかの会社員のように見えましたね。僕に最初の説明をしてくれたのは30~40代の女性。
他の人もですが、(九州の)方言がなかったので、愛知や東京からきた人だろうと思いました。休憩したまま2時間くらい戻らずサボっているようなアルバイトもいて、ずさんな運営だなとも感じましたね」

手の空いた時間には、運営スタッフも書き写し作業に加わった。なかには「あんた全然書いてないやん!」と怒られている人もいた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b030c172104935fc61cc00e89c6ff3cbd0a226f?page=2
リコール署名の受任者を集めるハガキでも、高須院長と河村市長の顔写真が掲げられていた
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210220-00010006-bfj-003-5-view.jpg

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/21 11:42:18

民に優しいJapan

・低所得なら所得税なし
・同じく住民税なし
・健保は7割減
・年金は免除が選べる
・会社やめたら失業保険
・収入減証明で年金も免除
・住民税非課税だと優遇事項が多い
・資産自体には課税されない
・勿体ない精神で物がタダで手に入る
・世界的に見てアマプラの料金が安

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/20 13:33:15

悪事暴いても「裏切り者」内部告発の悲しい現実
「ゴキブリ」「ウジ虫」罵詈雑言を浴びせられた

告発後に寄せられた数百通の罵詈雑言
北海道警察の元釧路方面本部長で、警視長まで務めた原田氏は2004年2月、記者会見を開いて道警の組織的な裏金づくりの
詳細を明かした。大幹部だった人物が経験に基づいて語る詳細な手口の数々。自らも受益者であったことを隠さず、
道警に向けては「今さら内部調査など必要ない。幹部は全員熟知している」と指摘したのである。

原田氏の行動は市民らの支持を受ける一方、自宅には原田氏を批難する封書やはがきが殺到した。
その数は、数百通。その一部を原田氏は今も保管している。いずれも、罵詈雑言の嵐である。

以下、それぞれの内容を抜粋しよう。

「古今東西 その歴史において 裏切り者の行く末 その運命は決まって明らかだ 偽善者よ?歴史に学べ 墓穴を掘って自ら滅ぶは枚挙に暇なし 残された人生 やがて家族の心も離れ?独り悶々と悩み苦しむ事になり 厚顔無恥に生きるのみである」
「いい歳をして、かつての上司、同僚、部下や組織にどれほどの迷惑や不快を与えているか考えたことがあるか…裸の馬鹿殿様とは貴様のことだ。同封の新聞写真を見れ、このアホ面、このアホンダラ者」
「恩を仇で返した卑劣極まりないゴキブリ原田」
「ウジ虫野郎!」
「ヤクザでも一宿一飯の恩義に生きるを仁義とする。然るに、恩を仇で返したお前はヤクザにも劣る獅子身中の虫だ」
「稀代の悪徳ゴキブリ警察官!」
「汚れた自分のケツも拭かずに、他人の尻が汚いとか臭いとか言えるか馬鹿者!」
https://b.imgef.com/v0tyVwE.jpg
https://toyokeizai.net/articles/-/411217

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/20 13:16:23

【乞食速報】コロナワクチン接種で死んだら4420万円+葬式代20万9000円が貰える!急いで死ね!

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1613728205/

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/19 20:27:46

「卵自体は以前から好きでした。オムレツも食べますし、中国料理にも卵を使った料理は多いですから。でも、香港のスーパーで、たまたま店員から『生でも食べられますよ。日本では、ご飯にかけて醤油をたらして食べるんです』と声をかけられて、びっくり。日本からの輸入卵で恐る恐る食べてみたら、おいしかったので、ハマってしまいました」

SNSによく料理を載せている香港の知人女性が「今朝のご飯」として、卵かけご飯と納豆の写真を載せていたので聞いてみると、こんな返事が返ってきた。この女性は何度も日本に遊びにきたことがある“日本通”だが、これまで日本に「卵かけご飯」という食べ物があることは「全く知らなかった」という。

ところが、昨年、自宅付近にできた日系スーパーの『ドンドンドンキ』に行ってみて初めて「卵が生で食べられる」ことを知り、日本産の卵パック(6個入り)を購入。以前から食べていた納豆とともに、今では週に1~2回、食べているそうだ。

日本でも2月5日に報道があったので記憶にある読者も多いと思うが、日本の農林水産省が発表した2020年の農林水産物・食品の輸出は前年比1.1%増と好調で、中でも鶏卵など家庭向け農産物の輸出は、8年連続で過去最高となったことが明らかになった。

輸出が増えたものといえば、コメ(前年比15%増)、いちご(同24.8%増)、豚肉(同55%増)、緑茶(同10.6%増)などがあるが、鶏卵だけは、なんと2倍にまで輸出が増えている。輸出先の9割を占めるのは、なぜか香港だ(第2位は中国)。報道によると「コロナ禍で内食需要が増えたこと」が要因だとされているが、ここまで「日本産の鶏卵」が受け入れられているということに驚かされる。

農水省のサイトによると、現在、鶏卵の輸出ができる国・地域は香港やシンガポールなどに限られており、世界各国に輸出されているわけではないが、コロナ禍で日本の外食需要が減少している現在、香港への輸出がここまで伸びていることは、日本の生産者にとって一筋の光明といえそうだ。

それにしても、なぜ香港なのか?

前述の女性は「あくまでも予測ですが……」と前置きしつつ、こう語る。

「日本人が想像している以上に、香港社会には日本の文化が深く浸透しています。日本人がカルチャースクールやオンラインで気軽に英語を学ぶように、香港でも専門学校などで日本語を学ぶ人はとても多いですし、お店の広告とか、お菓子のパッケージなど、町の至るところで日本語の表示をよく見かけます。新型コロナの感染が拡大する以前は、1年に5回も6回も日本旅行に行くという友人も多かった。

もちろん、日本食が大好きな人も多いのですが、香港では今、新型コロナにより午後6時以降の店内飲食は禁止となっているので、夕食は家で食べるか、お弁当、デリバリーなどしかないんです。家でも気軽に食べられる気軽な日本食ということと、栄養価が高く、安い上に健康によいこと、日本産の食品は安心安全であること、などの理由で、卵や納豆の人気が高まっているんじゃないでしょうか?」

確かに、観光庁のデータを見ても、香港からの訪日観光客は非常に多い。

新型コロナの感染が拡大する以前の2019年には約229万人と国・地域別で、堂々の第4位だった。中国が第1位(約959万人)で、韓国(約558万人)、台湾(約489万人)が続くのだが、香港の人口はわずか750万人ほどしかない。同じ東アジア圏で距離的にも文化的にも近いとはいえ、人口で見れば、韓国(約5200万人)や台湾(約2300万人)よりもずっと少ない。香港からは年間で、3~4人に1人が訪日していたという計算になる。

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/19 17:56:13

村岡崇光氏〝歴史学び同じ罪を繰り返さぬよう〟 日本的発想・思考様式に陥る危険性も指摘
http://www.kirishin.com/2021/02/18/47432/

日本福音キリスト教会連合(JECA)関東4地区主催による「信教の自由を覚える集い」では、オランダ在住の村岡崇光氏(元ライデン大学教授)が「荒野の75年」と題してオンラインで講演。

同氏は海外で侵略戦争の被害者に出会う中で、日本人として悔い改めの思いを具体的な形にしたいとの願いから、アジア10カ国を自費で訪れ、無償による特別講義を継続してきた。

 講演では、キリスト者に求められていることは「歴史を見る者としての温かな心情と冷厳な目」であるとし、日本の現代史を祖国の歴史として受け止め、過去の清算にも何らかの形で参与すべきと提起。

戦時中に日本の軍隊や教会が犯した罪について十戒に照らし、「神の姿に似せて創造された人間を不当に傷つけることは創造者である神に拳を振り上げること」「罪の赦しと和解は究極的には加害者と犠牲者が神の前に互いに向き合って初めて可能」と指摘した。

 さらに「私たちの祖国は、誰が見ても不正、不義、罪としか形容しがたいことを外国に対してだけでなく自国民に対しても犯したことは明らか」と断じ、歴史修正主義の流れにも「神の前に正しく処理されるよう祈り、そのために努力することこそ真の愛国者ではないか」と強い懸念を示した。

また、日本的な発想や思考様式に陥る危険性について、感傷主義(センチメンタリズム)、責任の不在、神との関係よりも他者との関係を優先しておもんばかる風潮にも留意すべきと強調した上で、過去の歴史を学び、継承し、同じ罪を繰り返さないようにしなければならないと結んだ。

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/19 03:01:51

https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000091.000036375.html?__twitter_impression=true
すぐ働けてすぐお金がもらえるスキマバイトアプリ「タイミー」を運営する株式会社タイミー(所在地:東京都豊島区、代表取締役:小川嶺)は2021年2月16日の愛知県の大村秀章知事のリコール運動に関する報道に関連し、事実確認を進めるとともに、再発防止に向けてワーカー様からの相談・通報の専用窓口を設置するなど、ワーカー様のサポート体制をより一層強化いたします。
このたびは多くの皆様にご心配をおかけしており、 心よりお詫び申し上げます。

愛知県の大村秀章知事のリコール運動において集められた署名の中に、 偽造が疑われるものがあったことが報道されております。
これに関連して、 一部SNS等で、 当該偽造に協力するアルバイトの募集のために用いられた求人媒体等の一つに、 弊社サービスがあるとのご指摘がございました。

弊社においても、 報道や当該ご指摘等を受け、 早急に社内で調査したところ、 関連すると思われる求人が過去に存在していたことが確認できたため、 現在、 求人を行った事業者様への確認等を含め、 さらなる事実確認を行っております。

知事のリコールを求める署名の中に偽造された署名があるとすれば、 これは民主主義の根幹を揺るがす極めて大きな問題です。
弊社サービスにおいては、 常に、 労働基準法や男女雇用機会均等法等に照らして、 違法・不当な求人がなされることのないようチェックしておりますが、 今回、 仮に、 弊社サービス上に、 署名偽造に協力するアルバイトの募集案件が投稿されていたとすれば、 大変遺憾であり、 そのような事態を防げなかったことを申し訳なく思います。
また、 何も知らずに勤務されたワーカーの方々にも、 誠に申し訳なく思います。 今回勤務されたワーカー様向けの相談窓口については、 別途ご案内させていただきます。

本件については、 徹底的な事実関係の解明が必要であると認識しております。
弊社内でも引き続き事実確認を進めるとともに、 本件に関連して、 捜査機関や行政から協力の要請がございましたら、 全面的にこれに協力して参る所存です。

また、 弊社は、 人と仕事をつなぐプラットフォームとして、 問題が疑われる募集案件の投稿の防止を徹底すべく、 チェック体制の一層の強化へ向けて検討するとともに、 ワーカー様からの疑問の声を十分に吸い上げることができなかったことを反省し、 ワーカー様からの相談・通報の専用窓口を設置することを含め、 ワーカー様のサポート体制を一層充実させる所存です。
弊社は、 今後も、 求職者・求人者がともに安心安全に働ける環境整備のためにより尽力していく所存です。 今後ともタイミーをよろしくお願い申し上げます。

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/17 18:56:47

コロナで「密」気になる・投票所減少…ネット投票なぜできない?
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ba8253aae3ff9c5a96c7b18f056905e19847a45

 [New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「ネット投票」。

 

 選挙のためとはいえ、人が集まる投票所に行くのは抵抗がある――。新型コロナウイルスの感染拡大で、選挙への国民の意識に変化が出始めている。自宅でも投票できるインターネット投票の実現に向けた追い風となるだろうか。

「外出自粛」なのに投票所へ?
 「外出自粛を求めながら投票に行けというのは矛盾」

 読売新聞の気流面(大阪本社版)に昨年5月掲載された投書の一部だ。「密」や他人との「接触」が気になるコロナ時代に、投票所でしか投票できないことが、選挙離れの一因と指摘した。

 さらに、近年は全国的に投票所の数が減っている。過疎化や市町村合併が要因だ。投票所が遠くなり、高齢者が行けなくなったとの声もある。今年1月の気流面には、地方選での低投票率を嘆き、対策として「インターネット投票の導入」などを求める投書が載った。

 ネット投票は、投票所に関する課題の解決につながる可能性がある。バルト3国の一つ、エストニアは導入済みだ。期日前投票に限定しているが、国民に定着しつつあるという。

 日本での導入も検討が始まっている。総務省の有識者研究会が2018年8月にまとめた報告書は、まず海外に住む日本人による在外投票からの利用を提言。「技術・運用面の大きな課題はクリアできる」と明記した。政府は昨年2月、一部地域で実証実験も行った。

AKBで実績
 技術面のポイントは、投票したのが本人であることを確認する方法だ。政府は、マイナンバーカードのICチップに組み込まれた電子証明書を、個人のスマートフォンやパソコンで読み取る方式を想定する。また、投票データを暗号化することで、ハッキングなどによる改ざんを防ぐ。

多数の投票が集中しても、ちゃんと処理できるのか?

 こんな例がある。アイドルグループ「AKB48」の新曲メンバーを、ファンがネット投票で決める「選抜総選挙」だ。15年選挙の投票総数は約328万票に上ったが、トラブルはなかった。国内に設置したサーバーの事前の負荷テストでは、1秒間に1000票の入力に耐えた。1日に換算して8640万票だ。

 日本の有権者は約1億人。サーバーの能力は実用レベルといっていい。

記事の反応(0) | 返信 | 21/02/17 06:03:06