政治家も犯罪者も俺が目の前でみた子悪党も小さい時は邪心のかけらも無かったはずなのにどこでこいつらは邪悪に染まってしまったのだろうと他人への体のいい正義感と自分も偽善であると理解済み虚しさとそうなってしまった環境さえ無ければ違った未来があっただろう無垢であった目の前の邪悪の子供時代になんとも言えない残念な気持ちが混ざり合って脳が軋む