15日未明、石川県中能登町の住宅で、来月の町長選挙に立候補を表明していた男性とその母親の2人が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

 15日午前0時15分ごろ、この家に住む廣瀬康雄さん(65)と90代の母親が同じ部屋で首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

 廣瀬さんは中能登町の前の副町長を務め、来月行われる町長選挙に立候補を表明していました。

 警察によりますと、廣瀬さんは母親と妻との3人暮らしで、今のところ、外部から侵入した形跡や荒らされた跡はないということです。警察が2人の死因など、事件性の有無を含めて捜査しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4199294.htm