「黒いインフルエンサー」が使う超典型的な技術
「扇動情報」から自分を守るために必要な知識
https://toyokeizai.net/articles/amp/410452?display=b
(前略)

うそをついた相手が発している6つのサイン
人はハイピングを仕掛けるとき、説得行動と回避行動が増えます。ここで言う説得行動、回避行動とは、聞き手を言いくるめるために出てしまう話し方の変化です。

【説得行動】

  1. 前置きが増える
  2. いつもよりも細かい内容を話す
  3. いつもよりも話が長くなる
  4. ポジティブな単語が増える
    これらはうそに気づかれず、相手を説得したい気持ちの表れです。

まず、「実はね……」「正直に言うと……」「ここだけの話……」「驚くかもしれないけど……」など、前置きが増えます。
これは前置きを増やすことで自分を落ち着かせ、ハイピングがスムーズに進むストーリーを練っているからです。

そして、信憑性を高めるために詳細なエピソードが入るので、結果的に話が長くなります。加えて、「本当にすごい儲け話なんだよ」
「今しかないよい話だと思うよ」「俺も初めて聞いたときはめちゃくちゃ興奮した」など、ポジティブな感情をアピールする単語が増えます。
これはうそに気づかれたくない気持ち、勢いで相手を押し切ろうという焦りがあるからです。

【回避行動】
5. 曖昧な言葉遣いが増える
6. 一人称が少なくなる

聞き手が疑問に思ったことを質問したとき、「こう思うんだよね」「……かもしれない」「だったはず」といった曖昧な言葉遣いが増えます。

また、「私が」「僕が」など、一人称が少なくなる傾向も。これはハイピングを仕掛ける側にも、根底には「できれば正直でいたい」
「うそはつきたくない」という思いがあるため、一歩引いた視点からストーリーを語ろうとするから。曖昧な言葉遣いと合わせて、責任を逃れたい気持ちの表れです。

交渉相手と話していて、ここに挙げたような説得行動、回避行動が出ていると感じたら要注意。この話には「うそがある」と疑っていきましょう。

その場で決断しないこと。話し手の勢いに押し流されないことが大切です。

いかそーす