ケンモ匿名ダイアリー

ケンモメン達と名前を隠して虚しく日記(ヽ´ん`)

cialis and black men

<a href=https://iverstromectol.com/>stromectol without prescription</a> Cialis Viagra Madrid

記事の反応(0) | 返信 | 22/08/16 18:07:07

cialis headache

<a href=http://buycialikonline.com>cialis 20 mg</a> Viagra Pour Femme Avis

記事の反応(0) | 返信 | 22/07/30 07:39:43

how long does cialis take to work

tadalafil online pharmacy <a href=https://buycialikonline.com>generic cialis online</a> comprar cialis natural

記事の反応(0) | 返信 | 22/07/28 04:42:00

article:399

0020B3F8 53 → C3

F8じゃなくてF0だね

記事の反応(0) | 返信 | 22/07/26 13:06:04

スパム多すぎワロタ

うんち

記事の反応(0) | 返信 | 22/07/21 16:43:13

Altorise

<a href="https://altorise.com/">Altorise</a> is a <a href="https://altorise.com/marketing/">Digital Marketing Agency</a> and Marketing Accelerator based in India (Mumbai). We help startups get on their feet with services like SEO, PPC, SMM, Graphic Design, and Web Development. If you're a start-up looking to make your digital marketing footprint, visit our website. We'd love to have a chat with you!

記事の反応(0) | 返信 | 22/07/18 20:33:16

にゃーん

記事の反応(0) | 返信 | 22/05/25 03:37:48

*这段文字是从日语翻译过来的,DeepL,并对文字进行了进一步的修改,所以可能无法理解为中文(我对中文词汇不是很了解)。
也可能有一些粗鲁的语言。 我提前表示歉意。 如果你认为它是有害的,你可以报告它并将其删除。
如果可以的话,我将尽力提供证据,但这是我的个人意见。 责任自然在我身上。
非常感谢您的阅读。


我很能理解OP这样的人的感受。 我不得不承认,这有损于视频体验的负面效果。 但我还是认为,弹幕系统有很大的积极作用,原因如下。 这就是为什么它变得流行。

1 能够与他人一起观看节目直播,与他人分享情感,团结一致,这是非常好的。 它应该是有效的,以至于它使无聊的动画节目看起来也很有趣。 如果没有弹幕系统,鬼畜(在日本,这种视频通常被称为MAD)就不会流行起来,不是吗?

2 这不仅有利于观众。 它还可以帮助视频制作者和网站管理员轻松了解观众对其视频的反应。

弹幕系统本身是在日本的Niconico动画(n站)中首次使用的,我相信类似于今天的系统在2007年1月左右就已经出现了。 (在我的记忆中,2007年1月至3月间,2ch(一个典型的日本留言版群)上有一个征集会员的活动,我记得我是在那个时候开始使用该系统的。 现在已经有15年了。 我从n站的早期就一直是它的粉丝,在那个时候,能够在youtube上添加评论是非常有趣的(我认为youtube大约在2005-2006年在日本被人所知,在2010年代初才开始流行)。 我认为这个系统最初来自于2ch的 实况Thread 的现场播放节目的想法)。

作为参考,这里有一篇来自《n站的历史》(n站大百科)的文章。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E5%8B%95%E7%94%BB

>2006年8月 中野真がYoutubeの動画を使うことを思いつき、最初のプロトタイプを作成。コメントは画面の右に表示されるだけ。
 ユビキタスエンターテインメントの布留川英一が、二番目のプロトタイプを作成。動画上にコメントを重ねて表示する。
 中野诚 Nakano Makoto 提出了使用Youtube视频的想法,并创造了第一个原型。 弾幕只是显示在屏幕的右侧。
 Ubiquitous Entertainment的布留川英一 Furukawa Hidekazu 创造了第二个原型。 它在视频上叠加显示评论。

>2007年1月15日 ニコニコ動画(β)にバージョンアップ。
 Nico Nico Douga (beta) 版

>2007年3月3日 アカウント募集開始(10万人限定)。
 开始接受账户(限于100,000)。

为了进一步参考,以下引用自维基百科,"実況板"。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E6%9D%BF
>ここで言う「実況行為」(以下、単に「実況」)とはプロ野球やサッカー等のスポーツ中継においてアナウンサーが視聴者に向けて行う、音声による状況説明・情報の提供といった「本来の意味の実況」とは異なる。掲示板利用者達各々が「板」内に立てられたスレッドに、対象となる番組等の感想をリアルタイムで書き込んでゆく行為を指す。

その主目的は、自分が心引かれる場面を目にした・耳にした際に感じたことをここで発露することによって他の利用者達と感情の昂りを共有する感覚を得たり、自分がスレッドに送信した書き込み内容によって他の利用者達がどのような反応を示すかを楽しんだりといったことが挙げられる。いわばスタジアムでスポーツ観戦をしている時のような「場の一体感」の獲得が利用者達の主目的である。このような性質から、実況板は実質的には掲示板システムを利用してのチャットであると言える。

 这里的 "実況行為"(以下简称 "実況")与 "原始意义上的実況 "不同,后者是指在职业棒球和橄榄球等体育直播中,播音员向观众提供的音频描述和信息。 它指的是留言板的用户在留言板上设置的主题上实时发布他们对节目的印象的行为。

其主要目的是通过表达自己看到或听到吸引自己的场景时的感受,获得与其他用户分享激动人心的情感,或享受其他用户对自己发到线程中的帖子内容的反应。 用户的主要目的是实现一种 "团结感",可以说,就像在体育场观看体育比赛一样。 由于这一性质,即时聊天板实际上是使用公告板系统的聊天。  

●备忘录(你可以跳过本节的其余部分,因为它与主要议题无关)。

□Bilibili(b站)和Acfun(a站)视频似乎受到了日本Nico Nico Douga(n站)的影响,它非常好地继承并改进了n站和youtube的评论区。
 仔细想想,我并没有继承像《Niconico百科全书》那样的百科全书。 我认为用户参与编纂百科全书是互联网的一大好处,我认为这是一个好的系统,因为所附的告示板允许人们热烈地交换意见。
(是不是因为它导致了对政府的批评?)

□如果我们仔细关注「弹幕」的评论,我们可以看到中国互联网上流行语的演变,从社会学或语言学的角度来看,这其实是一种宝贵的资源。 根据我的经验,互联网在十年内就会失去大部分文章,所以如果连这种琐碎的材料都能保存下来,对后代的研究者来说是很有帮助的。

□我经常看到有人指出,许多弹幕和批评都很不严谨,我也同意这一点。 例如,许多关于日本B站赛马的屏幕和批评是不严谨的,没有证据。
(如果我在这里详细说明,那将是一篇相当长的布道,而且与主题无关,所以我将省略它。 我从小学起就是赛马的粉丝,所以小错误难免会困扰我。)

●参考记事
コメント(指「弹幕」)(n站大百科)(日文)
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
弹幕 (网络用语) (百度百科)(中文)
https://baike.baidu.com/item/弹幕/6278416
ニコニコ動画(Niconico动画)(n站大百科)(日文)
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E5%8B%95%E7%94%BB
2ch(百度百科)(中文)
https://baike.sogou.com/v770334.htm
実況板(wikipedia)(日文)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E6%9D%BF
鬼畜(视频类型)(百度百科)(中文)
https://baike.baidu.com/item/鬼畜/15881247
MAD(wikipedia)(日文)
https://ja.wikipedia.org/wiki/MAD%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC
MAD片(wikipedia)(中文)
https://zh.wikipedia.org/wiki/MAD%E7%89%87
mad(动画音乐视频)(百度百科)(中文)
https://baike.baidu.com/item/mad/2306460

記事の反応(0) | 返信 | 22/04/17 08:10:30

cialis warning 4 hours

Pjcguh Cialis Generique Serieux https://bestadalafil.com/ - Cialis Cialis No Script Ghnckd <a href="https://bestadalafil.com/">buy cialis online india</a> As ever Hippocrates recommended gentle remedies for melancholia such as calm quiet surroundings and relaxing herbal potions. Sjqfem https://bestadalafil.com/ - Cialis Xshcli

記事の反応(0) | 返信 | 22/04/11 19:19:29

Janestyle 4.2.3の広告を消す方法

バイナリエディタ
https://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se079072.html
https://nsdev.jp/homebrew/71.html
  
やり方(Stirling)
https://shigemaru-room.hatenablog.com/entry/2017/11/13/220219
https://archive.ph/8axTO
  
入力内容
Jane Style v4.22更新キター! [837857943]
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1649328534/12

12 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (テテンテンテン MM03-rEtG)[] 投稿日:2022/04/07(木) 19:52:16.71 ID:AuVfOiVCM
214 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2022/04/07(木) 19:47:19.61 ID:UPS7FT0Y0 [9/9]
4.2.1用がそのまま使えたわ。
■広告消し
0020B40E 72 → EB 4.2.1 4.2.2
0020B3F8 53 → C3
■画像取得(Accept,Accept-Encoding)
000CA780 3F → 1E
000CA784 746578742F68746D6C2C6170706C6963 → 2A2F2A0D0A4163636570742D456E636F
000CA794 6174696F6E2F7868746D6C2B786D → 64696E673A206964656E74697479

■PNGファイルシグネチャを書き替え
002C46D0 89 → 20
002C46F0 89 → 20
002C4710 89 → 20
002C47E8 89 → 20

■ sid取得時のセッションを取得後に閉じる(keep-alive指定なし)
000F20BC 0A → 00

■コマンド登録にURLとしてhttpsも登録できるようにする
001E38D4 07 → 04

■4.21 タイトル欄バージョン表示+UA表示(偽装無し)
001BD17C 742E6848 → BA040000
001BD180 DE5B00FF75FC6854DE5B006864DE5B00 → 007412BA080000006848DE5B00FF75FC
001BD190 FF75F88D45F4BA05000000E8E06DE4FF → 6854DE5B0068E8185C00687CA45D0068
001BD1A0 8B55F48BC3E896A9EDFFEB1C8D45F050 → 18CC6A00A1D0866C008B00FFB0D40600
001BD1B0 BA64DE5B008B4DF858E84E → 007403FF75F88D45F0E8C2
001D976E 742D → BA04
001D9770 FF7668687CA45D006888A45D00FF75F4 → 000000740DBA07000000FF7668687CA4
001D9780 8D459CBA04000000E8F3A7E2FF8B559C → 5D0068E8185C00687CA45D006818CC6A
001D9790 8B45088B40FCE8A5E3EBFFEB1EBA88A4 → 00A1D0866C008B00FFB0D40600007403
001D97A0 5D008D45988B4DF4E85F → FF75F48D45989090E8D3

■ID_COUNTフリーズ対策 4.21用
002651CC 3C → 7F
002B3CC0 3C → 7F

 
 
 
303 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 9b4e-zZJH)[] 投稿日:2022/04/08(金) 16:51:58.87 ID:HStT6e9x0
■IDCOUNTフリーズ対策 4.21用 emoji.spiとセットで導入する必要あり
002651CC 3C → 7F
002B3CC0 3C → 7F

■janestyle_emoji.spi
絵文字プラグインv0.8.5(2022/02/21)
https://www.dropbox.com/s/78ojdb4pps4n30k/janestyle_emoji8_5.zip

  1. JaneStyleのフォルダにjanestyle_emoji.spiを入れる
  2. 1のフォルダに入っているReplaceStr.txtを開く(無ければ作る)
  3. 2の最後に次の1行を追加する(最後の【TAB】キー2つを忘れないように)

<rx2>^<JANESTYLE_EMOJI_PLUGIN>【TAB】【TAB】

↑の1行を追加することで絵文字の文字化けを回避している
ReplaceStr.txtはプレビュー欄には適用されないのでプレビュー欄は文字化けする
Windows10未満はSegoe UI Emojiフォント(seguiemj.ttf)の導入が必須

■上のがめんどくさい人向け超簡易対策版
ReplaceStr.txtに以下を追記
IDCOUNT【TAB】ID_COUNT
 
 
 
321 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 4b8f-DAe0)[] 投稿日:2022/04/08(金) 22:18:00.25 ID:4iPnYBwz0
また更新来たぞ

901 名前:開発チーム★[] 投稿日:2022/04/08(金) 22:10:28 ID:???0 (PC)

Jane Style Windows版 更新情報

v4.23 の更新内容

  • 特定の文字列を読み込むとフリーズする不具合を再度修正しました

902 名前:開発チーム★[] 投稿日:2022/04/08(金) 22:10:56 ID:???0 (PC)
連日の更新で申し訳ございません。
Git のコミットを見る限り、12年前から生じる可能性がある不具合でした。

今回はおそらく修正できたと思います。
ご迷惑をお掛けしましたm(_ _)m

記事の反応(1) | 返信 | 22/04/08 19:49:08

article:387

Linuxほんと使えない
これの場合は、PILが/usr/localか、/home/unko/.local配下にインストールされてた場合はなぜかスルーしてnot foundになる
なぜだ?
もしくはいつものデグレ

別件で
Ubuntuのインストーラを日本語表記にするとデグレる
英語や中国語では発生しない
日本語でも、過去のバージョンでは発生しない
典型的なデグレ。バージョンアップしたのにデグレ。ITエンジニアは、よく「テスト大事」とか言ってるのにデグレ。インストーラなんて入り口でデグレ
報告したら「cuiでインストールしろ」
はいはい
Linuxはいい加減にしろよ

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/24 05:41:27

増田バンされた

クソが

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/23 22:54:54

台湾から見たウクライナ 領土防衛に本腰を入れる

台湾から見たウクライナ 領土防衛に本腰を入れる
李喜明(退役軍人)、マイケル・ハンゼッカー
2022年3月15日
https://warontherocks.com/2022/03/the-view-of-ukraine-from-taiwan-get-real-about-territorial-defense/

※李喜明 リー・シミン Adm. Lee Hsi-Min:プロジェクト2049研究所のシニアリサーチフェロー。台湾(中華民国)軍第26代参謀総長を経て現職。
 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%96%9C%E6%98%8E
※マイケル・ハンゼッカー Michael A. Hunzeker:
 シャー政策行政大学院の助教授、安全保障政策研究センターの副所長。
 カリフォルニア大学バークレー校で学士号を、プリンストン大学で博士号、修士号を取得
 2000年から2006年まで海兵隊に所属していた。
 専門又は関心分野は、国際安全保障、軍事的イノベーション等。
 https://schar.gmu.edu/profiles/mhunzeke
※ジョージ・メイソン大学:アメリカ・バージニア州の州立大学
 https://en.wikipedia.org/wiki/George_Mason_University
※プロジェクト2049研究所(The Project 2049 Institute):アメリカのシンクタンク。台湾と関係が深い。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Project_2049_Institute

(DeepLによる翻訳)
ロシアのウクライナに対する残虐な戦争は世界中に衝撃を与えているが、ある国が特に注目している。それは台湾である。
台湾もまた、強力で近接した権威主義の隣国によって脅かされている民主主義国家である。
確かに、プーチンが隣国を侵略するという決断を下したことは、習近平が同じことをする意志があるかどうかについては、多くを語らないかもしれない。
しかし、ウクライナの胃が痛くなるような映像は、征服戦争が過去の遺物でないことを明確に示している。

ありがたいことに、台湾も注目している。議員や軍関係者は、徴兵制の復活、さらには2年間の兵役義務化を検討している。
世論調査でも、台湾の人々の戦意が高まっていることが示されている。
そして何より重要なのは、一部の国民が自分の足で投票し、草の根の市民防衛組織に志願し始めていることだ。
これらは紛れもなく前向きな動きである。
ロシアの軍部と政治指導者が、やる気のない国を征服することの代償の大きさを学んでいるように、
台湾の人々が戦う意思を世界に示すことによって、抑止力が強化されるのである。

残念ながら、ウクライナで進行中の悲劇が示唆するように、決意だけでは十分ではない。
ウクライナの自国防衛の意欲は、昔も今も問題になっていない。
実際、ウクライナは、最も脆弱な民主主義国家でさえも侵略に対抗することができるということを教えてくれるマスタークラスとなっている。
しかし、ロシアは、少なくともその一部は、能力も重要であるため、阻止することができなかった。
抑止力は、国民の戦う意志と、侵略しようとする者に受け入れがたいコストと苦痛を与えて脅す信頼できる方法とが一致したときに、
最も強固な基盤の上に成り立つのである。

台湾が正規軍の能力を向上させる方法を見つけることができ、またそうすべきであるというケースは、すでに多くのインクが費やされている。
そのような議論をここで蒸し返す必要はない。
私たちの目的は、台湾に常備の志願制の国防軍を創設することを求めることである。

私たちは、独自の視点からこの問題に取り組んでいる。
一人は台湾の軍隊の司令官であり、もう一人は台湾の安全保障問題のアナリストであり、イラク侵略の経験者である。
これらの経験をもとに、このような組織が必要なケースと、なぜ抑止力を高めることができるかを以下に説明する。
今のところ、ウクライナの若い領土防衛部隊の経験が、民衆の抵抗にはメリットがあり、
台湾が大陸からの攻撃を生き延びるか屈服するかの分かれ目になるかもしれないことを示唆しているだけで十分である。

しかし、残念なことに、ウクライナはプーチンを抑止するために、抵抗勢力を拡大するのに時間がかかりすぎたようである。
台湾の既存の民兵と民間防衛集団のパッチワークは、無慈悲な占領に対抗するための準備としてはさらに不十分である。
したがって、このような初期の民間防衛努力は立派で重要ではあるが、毅然とした侵略者を抑止することはできないだろう。
ボトムアップの部隊が組織され、訓練され、装備されて、北京の計算を変えるには、トップダウンのリーダーシップ、ビジョン、資源が必要である。

領土防衛と抑止力

侵略から自宅や地域社会を守るために民間ボランティアを育成するという考え方は、新しいものではない。
近年、エストニア、ポーランド、ウクライナは領土防衛に新たな関心を示している。その論理は単純明快である。
領土防衛は大規模な侵略を打ち負かすことはできないが、その後の占領が暴力的で長期化することを確実にすることで、
迅速かつ既成事実化された勝利を奪うことができるのである。

ロシア軍がウクライナの軍事的防衛力を圧倒することに成功すれば分かるように、
外国からの侵略者は住民を平穏にさせない限り、最終目的である政治的支配を達成することはできないのである。
適切に組織され、訓練され、装備された領土防衛軍が長期にわたる反乱を展開すれば、
住民支配を確立し、行使することは非常に難しくなる。
願わくば、心と精神をめぐる戦争が長期化することで、
潜在的な侵略者は、自らが支払うことをいとわない対価では侵略がうまくいきそうにないことを確信することができる。
また、抑止力が働かない場合、領土防衛作戦は国際的な支持を集め、外部勢力が介入するための時間を稼ぐことができる。

台湾の場合、領土防衛軍は国家の決意を構築し、それを示すことによって抑止力を高めることにもなる。
アナリストや専門家は、台湾の人々が戦うかどうかを判断するために、世論調査の分析にあまりにも多くの時間を費やしている。
信頼性が高く、よく組織された領土防衛軍は、このような議論を終わらせることができる。

第一に、この点では台湾人も例外ではないが、一般に人々は自分の家と家族を守ろうとする。
これはまさに、領土防衛軍が組織され、訓練され、装備されていることである。
この現象は、ウクライナでも見られる。ウクライナの一般市民は、ロシア兵が地域社会や近隣を占領するのに比べ、
間違いなく自分たちの地域社会を守ろうと決意している。
この明確な非対称の決意が、国内外でのウクライナへの支持を集めているのである。

第二に、領土防衛部隊は、実際に守るべき場所で厳しい現実的な訓練を受けることで、
台湾の人々に自国の防衛のために果たすべき役割があるという強いメッセージを発することができる。

第三に、領土防衛部隊は、国家のアイデンティティと決意をさらに強化することができる。

確かに、台湾はアメリカの兵器を好きなだけ購入することができる。
しかし、台湾の人々が自国を守るために「いかなる代償も払い、いかなる重荷も負う」覚悟があることを示すには、
常備の領土防衛軍ほど強力なシグナルはないのである。

ボトムアップの戦争にはトップダウンのリーダーシップが必要

台湾の各地にアドホックな民兵組織や民間防衛組織が誕生しているのは喜ばしいことだが、
草の根の(現在は非武装の)パートタイム市民兵士のパッチワークが北京の計算を左右することはないだろうというのが実情である。
反乱は自然発生的なものであることは稀である。
集団行動の問題や、戦意を喪失させる生の恐怖を克服するためには、厳しい訓練と明確な組織化が不可欠である。
また、訓練不足の民間人部隊が、より脆弱な支援部隊や占領軍を辛抱強く待つ代わりに、前線の侵攻部隊を攻撃して浪費する危険もある。

反政府勢力は武器と弾薬を入手する必要がある。台湾はテキサスではない。
武器や弾薬、そしてその扱いに長けた人材が豊富にいる国でもない。
武器と弾薬を民衆の手に渡すこと、民衆がその使い方を知っていること、
そして中国が台湾を世界から孤立させようとする中でも持ちこたえられるだけの武器と弾薬を確保すること、
これらすべてが不可欠である。
衛星通信へのアクセスや、プロパガンダ、ソーシャルメディア、情報操作に関するトレーニングも有効である。
毛沢東は、印刷機はゲリラの最も重要な武器であると述べている。

したがって、領土防衛軍を一から作り上げるのは大変な仕事である。
このような野心的な事業を、中国とアメリカの認識を形成するのに間に合うように遂行する権限と資源を持っているのは、台湾政府だけである。
また、台湾の領土防衛の取り組みが、全体的で多層的な、拒否を中心とした防衛スキームに完全に統合されていることを確認できるのも、台湾政府だけである。

台湾の領土防衛の青写真

理想的な世界では、国防省が進めている予備軍改革に領土防衛を組み込むことが理にかなっている。
しかし残念ながら、国防部はすでに台湾の予備軍をアメリカのいわゆる作戦予備隊のイメージで作り直すことを決定しているため、
この方法はもはや実行不可能である。
そこで、国防部傘下の独立した部隊として、恒久的な領土防衛部隊を創設することを提案する。
この部隊は、陸軍、海軍、空軍と同等の地位と、同等の階級の司令官を持つべきである。

台湾の領土防衛軍は、志願兵を中心に構築されるべきである。愛国心があり、兵役に就きたいが、フルタイムで兵役に就くことに抵抗がある、
あるいは正規軍に否定的な考えを持つ若者の採用に力を入れるべきである。
台湾が長期的な徴兵制に戻ることを決めた場合、領土防衛軍への参加は現役兵の代替手段となり得る。
志願者は、地理的な条件に基づいた部隊に編成されるべきである。目標は、領土防衛部隊が故郷の近くで訓練(および戦闘)できるようにすることでなければならない。
このように、台湾の領土防衛部隊は、地理的条件を重視した米国陸軍州兵部隊のような組織となるであろう。
しかし、米陸軍州兵とは異なり、領土防衛部隊は現役部隊と一緒に、あるいはその一部として、通常の戦闘活動を行うための訓練と装備をしてはならない。
この部隊の大部分は市民兵で構成されるが、各部隊は、現職および元特殊作戦部隊の隊員を中心に編成される必要がある。
エリート(おそらく米国で訓練された)戦士を中心に部隊を編成することで、領土防衛の信頼性を高め、華やかさを増すことができる。
また、現実的には、領土防衛の志願者が有意義で厳しい現実的な軍事訓練を受けられる確率が高くなる。
また、特殊作戦要員は戦闘訓練を受けているため、領土防衛部隊は戦場で独立した小部隊の作戦を実施することができるようになる。

この線に沿って、領土防衛部隊は、消防隊、分隊、小隊規模の戦闘作戦を実施するための訓練と装備を受けるべきである。
部隊は、小火器、「テクニカル」(非標準戦術車)、対装甲ロケット弾(次世代軽対戦車兵器やジャベリンなど)、
即席爆発装置、携帯型防空システム(スティンガーなど)、現場医療キットを入手し、その使用について訓練を受ける必要がある。
ウクライナの部隊が比較的安価な無人偵察機を使ってロシアの輸送船団に対抗することに成功したことから、
台湾も領土防衛部隊に同様の能力を持つ小型で安価な遠隔操縦車を装備することを検討する必要がある。
また、中国が電気をつけっぱなしにすることは考えにくいので[つまり、電気・通信その他のインフラを破壊するだろうから、]、
発電機や衛星通信設備も不可欠である。
領海防衛隊は、互いに、正規軍部隊、さらには連合軍と通信する必要がある。
また、領土防衛部隊は、島が占領された後でも、その活動や中国の残虐行為を放送できるようにしなければならない。
ここでも、ウクライナの経験が参考になる。
ウクライナにとって、紛争の初期に物語を勝ち取ることは、世界中の支持を集め、国内の決意を固めるために不可欠であった。
適切な訓練と装備を施された領土防衛軍は、台湾が同じことを行うための準備を整えるのに役立つ。
このような準備を整えるために、政府は動員・訓練センターを兼ねた武器庫を全国に建設する必要がある。
できるだけ多くの兵器庫を建設しておけば、先制攻撃や内部からの脅威によって一部の兵器を失ったとしても、その影響を軽減することができる。

もちろん、市民兵の訓練時間は通常の兵隊の何分の一かに過ぎない。
したがって、訓練時間は神聖なものとして扱われ、志願者に武器や戦術を実際に体験させるためにあらゆる時間を割かなければならない。
逆に領土防衛部隊は、行進、儀式、制服検査など、現役部隊にありがちな平凡な作業に一秒たりとも無駄にしてはならない。
また、志願兵には専門性が必要だ。パートタイムの市民が、上に挙げたすべての能力を使いこなすことを期待するのは非現実的だ。
むしろ、米陸軍の特殊部隊「Aチーム」のような形で各領土防衛隊を組織し、
どの隊も「全兵科」チームとして戦えるだけの特別な訓練を受けた志願兵を抱えるようにすることが目標であろう。

台湾の領土防衛部隊はどのように活用されるべきか。
平時には、台風や地震が多い台湾では、人道支援や災害救援の任務で部隊の能力を発揮することができる。
また、軍隊の演習や作戦に組み込むことも必要である。
戦時には、社会的な否定に重点を置くべきである。
領土防衛部隊は、訓練を受けておらず、装甲部隊や突撃部隊と直接戦闘を行うには装備が不十分であるため、前線の戦闘部隊に使用すべきではない。
1968年のベトコンから2003年のフェダイーン、2017年のイスラム国に至るまで、
反乱軍やゲリラは通常軍と直接対決した場合、しばしば劣勢に立たされることがある。
このような任務は、現役の部隊や作戦予備隊の手に委ねられるべきである。

その代わり、侵攻の兆候があれば、領土防衛軍の部隊は割り当てられた招集所に出頭し、装備を回収して帰宅すべきである。
侵攻が始まったら、領土防衛部隊は、攻撃側の先発攻撃部隊を通過させた後、機動的なヒットアンドラン任務を行い、
兵站輸送隊、補給基地、司令部、初期後続部隊、特に大型の貨物機で到着した部隊に大被害を与えなければならない。
人民解放軍の部隊が一つまたは複数の都市部の奪取に成功した場合、領土防衛部隊は長期化する反乱軍の基幹を形成するように移行する。

領土防衛を批判する人は、しばしばコストと実現可能性の問題を指摘する。
いずれも行動の障害になるものであってはならない。
コスト面では、領土防衛は絶対的に安いものではないが、台湾がすでに喜んで支払っているものに比べれば、ほぼ間違いなく割安になる。
数十台のM109パラディンや少数のディーゼル潜水艦よりも、数万人の訓練されたボランティアの方が、台湾にとってより大きな抑止力になることは間違いない。
また、コストをコントロールするための創造的な方法もある。エストニア防衛連盟を例に挙げてみよう。
エストニア人のボランティアが無給で奉仕し、わずかな費用でエストニアの地上軍を実質的に倍増させている。

実現可能性という点では、ウクライナの地域防衛軍の驚くべき成功は、非常勤の市民兵士が近代戦争で果たすべき役割を持たないという考えを一掃するものであろう。
ウクライナの窮状に国際的な支持を集めるだけでなく、これらの部隊はロシアの進出を遅らせるのに役立っている。
このような部隊が数年前に拡充されていれば、どれほど効果的だったかを考えてみる価値はあるだろう。
ウクライナ以外でも、義勇軍が抑止力を高めることを示唆する予備的な証拠はある。
そして忘れてはならないのは、領土防衛部隊は大規模でなくても効果があるということだ。
イラク戦争の最初の1年間、米国の占領を効果的に弱体化させるために必要だったのは「たった」2万人の戦闘員だったのである。

一刻の猶予もない

今こそ行動を起こすべき時だ。台湾が実行可能な領土防衛能力を一から構築するには、何年もかかるだろう。
ロシアの侵攻は、悲劇的ではあるが、そのプロセスを急発進させる貴重な機会である。
ロシアの戦車がウクライナの国境を越え、ロシアのロケット弾がウクライナの都市に打ち込まれる映像は、
脅威が現実のものであることを示しており、一方でウクライナの領土防衛力の驚くべき有効性は、抵抗が可能であることを証明している。

台湾の人々も注目している。台湾の人々は、自分たちの防衛のために積極的な役割を果たすことを熱望している。
今必要なのは、リーダーシップと資源である。私たちは、前進するための一つの青写真を提供する。
他にもきっとあるはずだ。どんな計画でもいい。
唯一の間違った選択は、ウクライナ戦争が生み出した瞬間と勢いを、想像を絶する代償を払って浪費することだ。

以上

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/15 23:00:45

ウクライナの経済・政治プロセスに対する支配体制を構築するためのロシアの行動計画(インサイダー情報。真偽不明)

★注意:翻訳はDeepL翻訳により、若干の編集と修正を加えた。
    [ ]内と、※については、記事投稿者が補ったものである。

Insider information: Russia’s action plan to create a system of control over economic and political processes in Ukraine
on 03/11/2022
https://informnapalm.org/en/insider-information-russias-action-plan-in-ukraine/
インサイダー情報:ウクライナの経済・政治プロセスに対する支配体制を構築するためのロシアの行動計画

※Inform Napalm(リンク先サイト)
https://en.wikipedia.org/wiki/Inform_Napalm
ウクライナ市民や外国の人々に、露土戦争やロシアの特殊部隊、DPR、LPR、ノボロシヤの武装勢力の活動を伝えるボランティア
※この情報の真偽は不明である。少なくとも記事投稿者には判断しようがない。

 
 
 
InformNapalm
国際情報機関がインサイダールートで入手した文書によると、ロシアのウクライナへの本格的侵攻の前夜に高官の閉鎖的なチャンネルを通じて流布されたものであるとのこと。

我々は、皆様の情報と検討のためにこの資料を公開します。現時点では、「ウクライナの経済・政治プロセスに対する統制システム構築のための行動計画」と題されたこの文書の詳細な分析を行うための資源はない。しかし、他のジャーナリストやアナリストにとっては、ロシアのウクライナに関する計画の失敗を示す全体的なジグソーパズルの一部として役立つ可能性がある。

これらの計画は、ウクライナ人の回復力と抵抗の強さ、ウクライナ軍の支配力、そしてこのような計画の実行を阻止するために協力してくれるすべての善意の人々の支援によって失敗しているのです。

この文書は、読者がダウンロードすることなく安全に閲覧できるよう、Google doc形式に変換しています。
※原文は↓に掲載
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vQG6RTzdZo52dGJW4qLLH8-QWto1H4H7dFHt5ATWAk5lBK4wwS_JSGK2J9GOE9dGcu9Kr8W_fxMU4qQ/pub

また、閲覧や翻訳の便宜を図るため、全文を掲載します。
 
 
ウクライナの経済・政治プロセスに対する統制システム構築のための行動計画
 
 
 銀行システム
1 ウクライナ国立銀行に対する管理体制を確立し、資金の引き出しに関する業務を停止し、通貨管理を実施する。
2 資産の横領や預金者の資金の海外移転を防ぐため、商業銀行に対する外部監視を確立する。
3 略奪事件を防止するため、銀行の倉庫を保護すること。
4 銀行をロシアの銀行間データ交換、支払い、決済に接続する。
5 輸出企業の外国為替収益の100%本国送金と国立銀行への強制売却の導入。
6 外貨両替業務の停止(輸入代金を除く)、全外貨預金の凍結。
7 資産の引き出しを防止するための銀行休業日の導入。
8 海外貸付金の回収と返済、企業の利益と不動産所得の海外移転、資本金の輸出の一時停止。
9 国民へのサービスや預金発行を停止した銀行への外部管理導入。
10 為替業務に関する一時的なモラトリアムの導入(ただし、法人の現行取引業務を除く)。
 
 
 輸送
1 ウクライナの都市とロシア間の鉄道通信の更新。
2 航空管制を確立し、ロシアとウクライナの航空会社を設立し、定期便を運航する。
3 港湾の国有化
4 鉄道輸送の円滑な運営を確保する。
 
 
 エネルギー
1 原子力発電所の管理体制を確立し、ロシア製燃料で正常稼働させる。
2 電力網と戦略的発電施設(水力発電所、大型火力発電所)の国有化。
3 ウクライナの天然ガス輸送システムに対する支配権を確立する。

 貿易、物流、工業用農業
1 大規模な貿易拠点/ショッピングセンター、食糧基地、穀物倉庫を保護し、後者を国有化する。
2 基本的な食糧を必要とする人々に配給するための一時的なカードシステムの導入、および関心を持つ生産者のプールの設立。
3 [種まき・]植え付け時期の石油・燃料、肥料、種子の確保。
4 基本的な農産物や食料品の価格の一時的な凍結。
 
 
 社会分野
1 住宅と共同サービスの料金の凍結。
2 公共交通機関の正常な機能を確保する。
3 教育制度の非正規化。
  - 歴史を歪曲し、ナチズムとロシア恐怖症を助長するすべての教育文献の撤去と破壊。
  - 学校におけるロシア語およびロシア文学の必修科目の復活。
  - 中等・高等学校の教師を対象とした人道的分野の研修コースの編成(これを拒否した者は解雇される)。
  - ロシアの大学へのウクライナ人志願者の入学枠を大幅に増やす。
 
4 ロシア語をウクライナ語と並ぶ国語の地位にすること。
5 病院と総合病院[polyclinics]の正常な機能を確保し、国家予算による資金不足の補填を保証した上で、無料医療を維持すること。
 
 
外国貿易 
  
1 ウクライナのユーラシア経済連合への加盟を推進する。
  - 経済効果の試算を実施。
  - 法的分析。
  - ウクライナのEU脱退の正当化(非正当性に関する経済的・法的調査結果)。
  - 加盟のためのロードマップの作成
  
2 相互の経済制裁の解除。
3 自由貿易の再確立。
4 協力関係の再開。
5 食糧安全保障のための穀物およびその他の重要物資の輸出禁止。
※ユーラシア経済連合
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E5%90%88
 
 
財政分野
 
1 国家予算の赤字に対する限定的な排出権融資制度を含めること。
2 2022年の国家予算の修正で、国防、国家安全保障、憲法裁判所、ヴェルホヴナ・ラダ[Verkhovna Rada。最高議会。日本で言う国会]の機能、外務省、ウクライナの在外公館の機能に対する支出をゼロにすること。
3 構造形成企業・重要企業の納税、物品税、付加価値税の監視、軍事行動により破壊された企業や活動を停止した企業の一時的な免税。
 
 
政治的・法的支援
 
1 2014年の反憲法クーデターによる権力簒奪後、ヴェルホヴナ議会、政府、憲法裁判所、場合によっては最高裁判所を非合法機関として解散させること。
2 2014年のクーデター後に採択されたすべての立法行為が、2014年2月21日まで有効であった憲法およびウクライナの法律と矛盾する場合は無効であると認定すること。
3 住民から直接選挙で選ばれた地方自治団体の正統性を維持すること。地方国家行政の権限を地方自治体に移譲し、前者の解散と清算を伴う。
4 ウクライナの新憲法を起草するための憲法制定会議への住民代表の(地方自治体による)参加委任、その後に国民投票を実施する。
5 オプション それぞれの地域のウクライナからの分離独立を問う住民投票(地方自治体が主催)の実施。自民党の参加を得て、そのような地域の連合体を設立すること。
 
 
財産関係
 
1 犯罪の容疑者[戦争犯罪人?]の資産を差し押さえること。
2 米国やNATOの居住者、およびオフショアゾーンが所有する資産の凍結。
3 構造形成企業や戦略的に重要な企業に対する、資産保全の管理と良好な経営状態の確保を目的とした外部監督。
4 資産が差し押さえられたり凍結されたり、局長不在となった人物が所有する企業への外部管理の導入。
5 軍事産業複合体、原子力産業、環境と住民に脅威を与える冶金・化学産業などに対外的な管理を導入する。
 
 
過渡期の行政

  憲法改正、ヴェルホヴナ・ラダの選挙、正当な政府の樹立に先立ち、暫定的な当局を設立するべきである。地方自治団体と地方裁判所は、既存のものをベースに維持することが提案されている。暫定的な公的機関は、次のような順序で設立される必要がある。
 
1 1週間以内に、解放された町や市の地方自治団体(2014年のクーデター後に設立された旧国家機関は非合法とされる)の選挙を行い、新しい国家行政機関の設立と新憲法の起草のために招集される人民議会の代表を選出する。
2 人民議会の初会合で人民自治委員会を結成し、ヴェルホヴナ・ラダの選挙が行われるまでの間、ウクライナ政府の機能を果たすことを委ねる。
3 人民自治委員会(KNS)は、大臣(排除される治安部隊の大臣と外務大臣を除く)、各省の長、ウクライナ国立銀行、構造形成企業、戦略的重要企業、環境負荷の高い企業(外部管理を行う)の取締役を任命する。
  
4 国家安全保障庁は、法秩序の確保、地域生活支援システム、財政、その他の共和制機関の運営に限定された機能を持つ地域行政の責任者代理を任命する。
 
5 警察部隊と市町村の支援システムは、地方自治体に移管される予定である。
6 ドネツクとオデッサでは、それぞれLDPRとウクライナの領域で行われた人道に対する罪、戦争犯罪、政治的抑圧、大量虐殺行為を審査する人民法廷が立ち上げられる予定である。法廷のメンバーは一般市民集会を通じて任命され、告発は犯罪が行われた地域にある裁判所に引き継がれる。
7 人民議会は、2014年のクーデターに参加し、その後国家当局や法執行機関に勤務した者、および犯罪を犯したと告発された者、またはその疑いのある者に対し、あらゆる指導的地位や選挙への参加を一時停止させる予定である。
8 ゼレンスキーが導入した戒厳令は、新しいヴェルホヴナ・ラダが選出されるまで維持される予定です。それぞれの地方に駐留するロシア軍の代表は、戒厳令の遵守を監視することになっています。
9 解放された地域の住民の要請により、分離独立と主権的人民共和国の創設に関する住民投票が実施される予定である。

将来的には、これらの地域は統合されて新しい国家体(ノボロシヤ、マロロシヤ、スロボジャンシナ...)を形成するか、ロシアに再加盟することができる(予備的選択肢)。
 
 
 
以上

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/13 00:23:42

article:393

前半部
https://kenmod.demupa.net/articles/393
の続き

8)自分のバンドワゴンに飛び乗るように他人を励ます

このような情報発信はすべて、モチベーションに関わることだ。そして、マーケッターや親なら誰でも知っているように、最も効果的に引き起こすことができる感情の1つが、"バンドワゴン "とも呼ばれる、人気のあるものに加わりたいという衝動だ。攻撃を受けている小国は、人気があり、成長している原因となっており、あなたも参加することができる。あなたが提供できる貢献は、戦いに直接参加するものから(報道によれば、米国からの3000人を含む16000人以上の外国人戦闘員がウクライナ軍への参加を志願しており、その多くはイラク戦争やアフガン戦争のベテランです)資金や暗号通貨を提供するものまで様々なものがある。
※バンドワゴン効果
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C
>バンドワゴン効果(バンドワゴンこうか、英: bandwagon effect)とは、ある選択肢を多数が選択している現象が、その選択肢を選択する者を更に増大させる効果。「バンドワゴン」とは行列先頭に居る楽隊車[1]であり、「バンドワゴンに乗る」とは時流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗る[2]という意味である。経済学・政治学・社会学などで使われる。対義表現は「アンダードッグ効果」[3]。

この策略は逆にも働き、相手を有毒化させる。そして、企業ブランドを名指しで非難し、道徳的に行動するよう辱めるのに、国家はおろか有名人もウクライナほど効果的だったことはないだろう。もし「キャンセル・カルチャー」というものがあるとすれば、ウクライナ人は戦争でそれを磨いたと主張することができるだろう。

it's not about taste anymore, but about good and evil. @cocacola chose the latter. @pepsi, time for your counterattack is now
— Ukraine / Україна (@Ukraine) March 4, 2022

もう味覚の問題ではなく、善と悪の問題なのです。コカコーラは後者を選んだ。ペプシ、今こそ反撃の時だ。
- ウクライナ / Україна (@Ukraine) 2022年3月4日

9)味方の人間性を高める(戦争の猫を逃がす)

ネットの世界では、インスタグラムのライティングに至るまで、発表する内容の多くが計画されキュレーションされているため、皮肉なことに、本物であることが重要なのだ。「リアル」であることを示せば示すほど、メッセージは勝利する可能性が高くなる。

ウクライナ人はこのことを認識しており、自分たちの側を人間らしくし、共感を得るための絶え間ない努力を続けてきた。間近で見ることで、何千キロも離れた場所にいる会ったこともない人たちが、私たちと同じであり、私たちのケアやサポートに値するという重要な感覚を強めてくれる。

この点で、猫は情報戦の最も強力な武器のひとつとなり得る。防空壕の中で「勇敢な」猫を自慢する民間人、かわいい子猫とポーズをとる兵士、「同志キティキャット」を乗せてライフルを撃つセルフィーには、必ずといっていいほど視線が注がれる。よりバイラルな投稿の1つは、極右のウクライナ民兵部隊のメンバーが「ミカエル」という名前の猫を抱いている画像で、この「ハリコフの豹」が敵の狙撃手の居場所を突き止めるのに役立ったという(おそらく嘘だが、面白い)主張とともに投稿されている。

#AdoptDontShop

Ukraine army cats are trained to spot and direct the location of Russian sniper laser dots. This is Mikael called “The panther of Kharkiv” who single handed exposed the location of 4 snipers which ended in their deaths. pic.twitter.com/xhPPwUPk54
— Grild Cheez (@grild_cheez) February 28, 2022

#AdoptDontShop

ウクライナ軍の猫は、ロシアの狙撃兵のレーザードットを発見し、その位置を指示するよう訓練されています。これは「ハリコフの豹」と呼ばれるミカエルで、4人の狙撃手の位置を一人で暴き、彼らの死に至らしめた。 pic.twitter.com/xhPPwUPk54
- グリルド・チーズ (@grild_cheez) 2022年2月28日

 
 
10)嘲笑を生かす

戦争はシリアスなビジネスですが、カウンタースナイパーの猫のようなダークなユーモアが常に含まれています。そして、ユーモアは人々がオンラインで共有して喜ぶ重要な感情の1つであるため、武器化することも可能だ。

ロシアは、ウクライナだけでなく、欧米諸国に対しても迅速な勝利を望んでおり、そのためには意気消沈している敵を圧倒することが必要でした。嘲笑はそれを逆転させる。攻撃者をジョークのネタにすることで、彼らは小さくなり、彼らを勝者として受け入れるという考えはバカバカしいものになる。

ウクライナ人が、準備不足のロシア兵や捕虜を見せたり、馬鹿にしたりするのは、その例である。それは、上記のような人間的な意味での勝利の物語を強化するだけでなく、実はそれほど恐ろしくない敵を誇示することにもなった。

殺したり捕らえた相手を展示することは(ジュネーブ条約に違反するという説もあるが)、戦争では長い伝統がある。しかしウクライナは、文字通り何百万回も閲覧され、怯えているロシア人捕虜のトロフィーツイートやTikToks、YouTube動画を共有するだけでなく、敵兵にロシアの故郷の母親と電話させていると発表し、それを新しいレベルへと押し上げたのである。それは同時に、援助と共感の申し出であり、いびつな侮辱でもある。
※捕虜の待遇については、
捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第三条約)第十三条
https://www.mod.go.jp/j/presiding/treaty/geneva/geneva3.html

https://t.co/iOi7figVgV pic.twitter.com/DOW1F2MTq6
— Defence of Ukraine (@DefenceU) March 2, 2022

 
 
しかし、それはうまくいっているのだろうか?

どう考えても、これらの努力の積み重ねがウクライナ国内で見事な成功を収めている。これは、ウクライナの国家と社会が、戦闘開始後数日間でロシアが期待したようには崩壊しなかったという事実が最もよく証明している。実際、ゼレンスキー氏の世論調査の急激な振れ幅のほか、今やウクライナ人の7割が、実戦力の不利と領土の損失にもかかわらず、自軍が戦争に勝つ側であると信じていることも調査で明らかになった。

この格差は、ウクライナにとって情報戦の最前線が不可欠であることを物語っている。国民の態度や勇気がどうであれ、ウクライナは外の世界を戦いに巻き込んでこそ勝算があるのだ。そしてここで、ウクライナの努力が実を結んでいる。オーストラリアからドイツまでがウクライナへの軍事援助を約束し、かつては考えられなかったレベルの金融制裁がロシア経済を圧迫している。実際、スイスでさえもあなたに対する制裁に参加することに同意した時点で(ヒトラーにさえしなかったことだ)、あなたは物語上の戦いに負けたことになる。

米国では、ドナルド・トランプ前大統領がプーチンを「天才」と褒め、マイク・ポンペオ前国務長官がジャーナリストに向かって「アメリカ人はウクライナに関心があると思うのか」と叫んだとされる頃とは、あまりの急変ぶりにむち打ちになりそうなほどである。トランプはゼレンスキーを "勇敢 "と褒めるようになり、ポンペオはウクライナを支援することがプーチンを止める鍵になるとツイートするようになった。最も人気のある司会者タッカー・カールソンがプーチン側の初期の有力な支援者だったFox Newsでさえ、最近は "ロシアのプーチン大統領には精神病者の特徴がある "といった記事を掲載し、"ウクライナの民間人は民主化のために戦うために志願する "といったセグメントを放送している。この変化は、より広範な国民の間にも反映されている。2月初旬から下旬にかけて行われた世論調査では、「米国はウクライナ側に立つべき」と答えたアメリカ人の割合は、「米国は中立を保つべき」と答えたアメリカ人の割合より少なく、2倍以上になったが、これは共和党の意見が42ポイント変動したことが大きな要因となっている。

しかし、戦争終結の是非を最も左右すると思われるのはロシア国内の視聴者である。ここでは、ウクライナの勝利が鮮明となった戦いとは情報状況が異なる。プーチン政権は何年もかけてメディアを直接・間接的に支配する体制を構築し、逮捕から活動家の「事故死」まで、あらゆる手段を使って検閲を強化しているのです。実際、戦争が始まった当初は、プーチンの情報形成は非常に効果的で、多くのロシア人は自分たちが戦争状態にあることさえ知りませんでした。また、ソーシャルメディアのプラットフォームの相対的な人気も重要だ。TwitterやInstagramで#SupportUkraineがトレンドになったように、ロシア人に最も人気のあるソーシャルネットワークはVKだ。
※VKとはロシアのSNS「フコンタクテ」の愛称。
フコンタクテ(ВКонтакте)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%86
ロシアで人気のSNSを知る!
「VKontakte、Odnoklassniki、Moi Mil、Telegram Messenger」とは?!
https://www.infocubic.co.jp/blog/archives/10070/

しかし、戦争が長引けば長引くほど、これを維持するのは難しくなる。死傷者が出ても黙っていることは難しく、簡単に勝てるというメッセージを弱体化させる。実際、ロシア政府が軍やウクライナ戦争に関する「偽情報」を流した場合、15年の禁固刑に処すると脅す新法を施行したことは、プーチン政権がこの戦いに負けることを恐れている証左と言えるだろう。
※ロシアが新法可決、軍に関する「偽情報」に刑罰-メディアに影響
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-03-04/R88AHVDWX2PV01

ウクライナの情報戦は、この情報バブルをさらに突き破ることが本質的な使命であり、その努力はすでに始まっている。報道によると、ウクライナ内務省はVKでロシア人捕虜の親に連絡を取り、息子は生きているが、"ウクライナの地に全員を葬る前に、外に出て抗議し、政府を転覆させよ "と知らせている。同様に、ロシア政府の死亡通知がない中、ロシア兵の親が自分の息子がウクライナで戦死したかどうかを調べるためにDNA情報を提出できる「Look For Your Own」サイトも作られた。そのサイトのアドレス「200rf.com」にも意味が込められている。ロシア軍の用語で、死んだ兵士の遺体を空輸する「カーゴ200」にちなんでいるのだ。これは、ウクライナが戦場で起こることを警告し、さらに重要なことに、ウクライナがロシアにそれをどのように知ってほしいかを示す、残酷だが強力な例である。
https://200rf.com/
 
 
 
以上

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/12 23:45:23

ウクライナはいかにして「いいね!」戦争に勝利したのか?

Opinion | How Ukraine Won The #LikeWar
https://www.politico.com/news/magazine/2022/03/12/ukraine-russia-information-warfare-likewar-00016562
ウクライナはいかにして「いいね!」戦争に勝利したのか?

★注意:翻訳はDeepL翻訳により、若干の編集と修正を加えた。
    [ ]内と、※については、記事投稿者が補ったものである。

P.W.シンガー
2022年3月12日 午前7時00分(東部標準時)

P.W.シンガーはNew Americaのストラテジストで、Useful Fiction LLCの創設者である。共著に『LikeWar: The Weaponization of Social Media([「いいね!」戦争 兵器化するソーシャルメディア])』がある。

現代の戦争と政治において、情報空間は戦場の最も重要な部分の一つである。これは、単なるプロパガンダの話ではない。もし、あなたの考えが広まり、勝利すれば、世界中の兵士、民間人、野次馬があなたの大義に加わるかどうかから、人々が現場で起きていることの真相について何を信じるかまで、すべてが決まる。そして、もしあなたのアイデアが勝利しなければ、戦争が始まる前に敗北することもあり得るのです。

情報戦の場において、過去10年間、ウラジーミル・プーチンほど恐れられていた人物はいなかったといえるだろう。ロシアの情報戦士たちは何年も暴走し、ハンガリーやポーランドからブレグジットや2016年の米大統領選まで30以上の国政選挙に介入して民主主義をハッキングした。彼らはQアノンからコロナウイルスワクチンの嘘に至るまで陰謀論を持ち上げ、グルジアからシリアまであらゆる場所でロシアの軍事行動を正当化する理由を提供した。

しかし、プーチンの最も野心的で重要な作戦の1つであるウクライナ侵攻のとき、ロシアはキエフを迅速に奪取する計画に失敗したのと同様に、情報面での戦いにも失敗した。そして、その賭けはこれ以上ないほど高いものだった。プーチン軍は、ミサイル、戦車、兵力をさらに投入してウクライナの都市を制圧することで、軍事的な見通しを好転させることができるかもしれないが、情報戦の面ではそのようなチャンスはないのである。まだ時期尚早という声とは裏腹に、ウクライナはネット上での心の戦いに勝っているだけでなく、すでに勝っているのである。そして今、ロシアがシナリオを変えるには遅すぎるのだ。

情報戦の達人であるはずのロシアに対して、ウクライナがいかにして形勢逆転に成功したかは、ウクライナのこれまでの状況を理解し、次に何が起こるかを知る上で極めて重要である。また、他の国、政治家、企業、活動家にとっても、私や他の人が「#LikeWar」と呼ぶ、マルウェアによるソーシャルネットワークのハッキングではなく、クリック、「いいね」、シェアを目的としたソーシャルメディアの効果的な武器化によって勝つ方法を教えてくれるものでもある。

ネットの世界では、勝利への道は一つではなく、一つのメッセンジャーが一つのメッセージを発信することで、確実に敗北する戦術があるのです。むしろ、複数のメッセージを「ゾーンに溢れさせる」ことで、ターゲットからサポーター、そして戦闘員へと変化していく視聴者のネットワークがバイラルに推進されるのです。

この課題において、ウクライナは政府の公式チャンネルと、オンライン戦線に参加する世界的な支持者の連合体を通じて、10の重要な説得メッセージテーマを推進することに成功している。これらのテーマはそれぞれ、数百から数百万に及ぶ広範なネットワークによって押し出された、数十の基本的な物語と事例を有していた。

  1. [(事実が)明らかになるの]を待たない[Not waiting to debunk]:プレバンキング[Pre-bunking]

かつてはロシアが主導権を握り、好きなタイミングで好きなストーリーで作戦を展開していた。そのメッセージは何の反発もなく聴衆を襲い、その物理的な作戦は、ロシアの軍事行動を正当化し、何が起こっているのかについて国内外のオブザーバーを混乱させるために、しばしば事前に計画された事件や偽の挑発行為に沿ったものだった。たとえば、今回の戦争の前兆となった2014年のウクライナ攻撃[2014年クリミア危機]では、ロシアは、ウクライナ兵が3歳の少年をはりつけにしたなど、さまざまな残虐行為の作り話を押し通した。このようなウイルス性の嘘は、ロシア語を話す市民の怒りを煽り、クリミアを占領し、分離主義者のドネツク人民共和国とルハンスク人民共和国を創設するためのロシアの介入を正当化するために使われたのである。

今回、ロシアの敵対勢力は、ロシアの主張を後から論破しようとしただけでなく(通常、それはうまくいかない)、ロシアを「事前に論破」する戦略をとっていたのだ。ウクライナの政府機関や指導者個人のソーシャルメディアアカウント、NATO諸国、特にバルト諸国と英国の機関や指導者のアカウント、バイデン政権内の国防総省、国務省、情報コミュニティが結集した多機関連携など、綿密な計画と非公式の調整によって構築された多面的なネットワークがありました。そして、民主主義活動家とOSINT(オープンソースインテリジェンス[一般に公開されている情報源からアクセス可能なデータを収集、分析、決定する諜報活動の一種])トラッカーによる広範なオンライン連合によって強化され、彼らはロシアを先取りした。ウクライナの犯罪や残虐行為に対する緊急対応として、長年計画されていた侵攻を正当化しようとするプーチンの目標より先手を打った。その代わりに、この連合は、ロシアの数カ月に及ぶ実際の軍備増強を綿密に記録し、確実に認識させたのである。それは、ロシア軍の大規模な展開を示す衛星写真を一般に公開するという公式な方法と、国境付近に集結した文字通り列車級のロシア戦車を間近に撮影するという個人的な方法の両方で行われた。いずれも、ロシアの計画のスケールと詳細さを示すもので、それなりに目を引くものであった。

また、襲撃までの最後の数日間、数時間にロシアが計画したさまざまな挑発行為を直接的に否定したことも重要なポイントであった。例えば、ロシアの指導者たちの腕時計に表示された時刻から、プーチンの「緊急」会合が実は事前に録音されていたことが判明したり、ロシアがウクライナで仕掛けた自動車爆弾で死亡したと主張する3人が実はすでに死後の頭蓋解剖を受けており、ロシアが遺体安置所の遺体を使った演出だったことがオープンソース調査員によって明らかにされたりした。

全体として、この事前のバンキングは、ロシアが計画していた、より小さな主権国家を侵略するというシナリオを設定し、ロシアが水を差して、何らかの形で被害者や救助者であると主張する能力を奪うものであった。

CBSニュースの@Olivia_Gazisは、@washingtonpostが最初に報じた、ウクライナ近郊に175kのロシア軍を増強する可能性を示す未公表の情報資料を入手した。

An administration official said the plans call for a Russian military offensive as soon as early 2022. pic.twitter.com/8YAsAZU0XN
— Michael Kaplan (@mkaplantv) December 4, 2021

政権関係者によると、この計画では早ければ2022年初めにロシア軍の攻勢を想定しているとのこと。
- マイケル・カプラン (@mkaplantv) 2021年12月4日

2)ヒロイズムの強調

戦争が始まると、その後、戦略はより広い一連のテーマに軸足を移した。初期の最も重要なストーリーは、ロシアのゴリアテに対抗するため、ウクライナのダビデたちが立ち上がり、困難に立ち向かうというものだった。これは、戦いの初期にウクライナ人を結集させ、次に必要な西側へのメッセージ、すなわちプーチンの策略は失敗し、ウクライナは支持に値するというメッセージを作り出すために不可欠であった。

おそらく最も成功したのは、複数のロシア機を撃墜し、この戦争で最初の「エース」となったとされる戦闘機パイロット、いわゆる#ghostofkievであった。(このパイロットの歴史は、シカゴの空港の名前の由来となったエドワード・オヘアと重なる。第二次世界大戦のアメリカ初のエースは、アメリカにとって戦争が最も低調だった時期に、士気を高めるために国民的英雄に仕立て上げられた)。現実は真実と誇張が混在している可能性が高いが(ロシアのジェット機は確かに撃墜されたが、それが1人のパイロットによる6機であったかどうかはまだ論争中である)、最終的に重要なのはこの物語の効果であった。良きにつけ悪しきにつけ、ネット戦争では口コミが真実を凌駕する。

「キエフの幽霊」と呼ばれるウクライナの伝説的なパイロットは、ロシアの侵略者にメッセージを送る。&quot;こんにちは、ロシアの非人間よ、私はあなたの魂のために飛んでいます。&quot;

Photo: General Staff of the Armed Forces of Ukraine pic.twitter.com/pYvzt8GbU9
— The New Voice of Ukraine (@NewVoiceUkraine) March 11, 2022

 
 
3)ちょうどいいカードの積み方

このようなヒロイズムのストーリーは、カードスタッキングの考え方に沿っており、ストーリー全体に対する特定の見方を形成するために特定の事実を選択的に強調します。ウクライナは、序盤の勝利に関する特異な事例を引き出し、それを宣伝することで、戦争全体の序盤の物語を形成することができた。たとえば、地図上ではロシア軍が米国のイラク侵攻の初期段階に匹敵するペースでウクライナの広範囲を占領しているのに対し、ネット上では、わずか数百人の兵士が関与したホストメル空港へのロシアの攻撃を早期に撃退するなど、小規模単位の行動に焦点が当てられている。

国防省が発表した無人機による攻撃成功の映像のような公式で臨床的なものから、ウクライナの兵士が銃撃戦の後、勝利者らしく堂々と歩いている映像のような個人的なものまで、バンキング前と同様、さまざまな事例が紹介された。この勝利のビデオは、彼が守った町がその後ロシア軍に占領されたという事実を差し置いて、270万回もの再生回数を記録し、物語の力を見せつけた。人々はウクライナの勝利を信じ、それこそが重要なことだと考えたのだ。

#Ukraine 18+ Fight with the Russian occupier on the outskirts of Ivankov.#Russia #UkraineRussia #Ivankov pic.twitter.com/pJdwxuWb3c
— Ukraine (@Gadhwara27) February 26, 2022

#ウクライナ 18歳以上 イヴァンコフ郊外でロシア占領軍と戦う#ロシア #UkraineRussia #Ivankov pic.twitter.com/pJdwxuWb3c
- ウクライナ (@Gadhwara27) 2022年2月26日

 
 
4)殉教者の神話化

ウクライナは、困難を乗り越えて勝利した英雄を称えるだけでなく、初期の戦闘で失われた人々の物語を広めるようにした。犠牲の物語は大義に気高さを与え、また共感と怒りを呼び起こす。

この戦争では、最後まで戦った兵士たちの古典的な物語がネット上で展開された。その中で最も話題になったのは、「蛇の島」と呼ばれるツミニイ[Zmiinyi]で、劣勢に立たされた防衛軍が、ロシア軍に降伏を求めた際に「Go Fuck Yourself(勝手にしやがれ)」と言った音声記録である。ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、「彼らには死後、ウクライナの英雄という称号が与えられるだろう」と発表した。キエフの亡霊」と同様、彼らの話は真実より先に進んでしまったようだ(最終的に殺されたのではなく、捕らえられたという報告もある)。いずれにせよ、このフレーズは軍事史における他の象徴的な反応に加わり、ウクライナの高速道路の標識からTシャツに至るまで、あらゆるものに付けられるようになったのである。

※ツミニイ[Zmiinyi]の件。これは実は誤報(というかプロパガンダ)であった。

全滅したウクライナ軍守備隊とされる音声明るみに、ロシア海軍に「消え失せろ」
https://www.cnn.co.jp/world/35184047.html
全滅とみられていた島の守備隊、「無事生存」 ウクライナ海軍
https://www.cnn.co.jp/world/35184207.html
ロシア軍「無意味な殺生はしたくない。武器を置いて投降せよ。」、ウクライナ兵士「ロシア軍艦、消え失せろ」→ウクライナ兵全員戦死 [382134853]
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1645765876/

しかし、かつてテイラー・スウィフト(情報戦戦略のマリー・フォン・クラウゼヴィッツ[高名な軍事理論家、カール・フォン・クラウゼヴィッツの未亡人。クラウゼヴィッツを支え、彼の死後は『戦争論』を含む遺稿を編集し、出版した。])がウォールストリート・ジャーナルのエッセイで助言したように、ネット上の人々の心をつかむだけでなく維持する鍵は、関連しつつ新しいものを着実に連鎖させていくことなのである。ウクライナもまた、橋を爆破するために自らを犠牲にするなどして英雄的な死を遂げた若い兵士に関する一連の投稿を、常にネット上に発信してきた。
※マリー・フォン・クラウゼヴィッツ(Marie von Clausewitz)https://en.wikipedia.org/wiki/Marie_von_Br%C3%BChl
https://de.wikipedia.org/wiki/Marie_von_Clausewitz

&quot;To stop the advance of the tank column, the decision was to blow up the Henichesk bridge. The engineer Skakun Vitaliy volunteered to perform this task. He mined the brdige but couldn't leave and blew it up together with himself.&quot; The unit successfully redeployed - Land Forces pic.twitter.com/7eMWTv03kX
— Euromaidan Press (@EuromaidanPress) February 25, 2022

「戦車部隊の進撃を止めるため、ヘニチェスク橋を爆破することにした。技師のスカクン・ビタリーは、この任務に志願した。彼は橋を爆破したが、離れることができず、自分も一緒に爆破した&quot; 部隊は再展開に成功 - 陸自 pic.twitter.com/7eMWTv03kX
- ユーロマイダンプレス (@EuromaidanPress) 2022年2月25日

 
 
5)民衆の男としての姿を見せる

戦前、ゼレンスキーは地域外ではほとんど知られていなかったが、ウクライナ国内の世論調査では、彼と彼の政党の支持率はわずか23%であった。ウクライナ国内の世論調査では、彼と彼の所属する政党の支持率はわずか23%であった。このような政治力学は、プーチンに、少し押せば政権を倒せると思わせたのかもしれない。

しかし、わずか1週間後、ゼレンスキーは世界的な象徴となり、ウクライナ人の91%が彼の行動を支持している。

この元芸人は、個人的な勇気ある行動と巧みなメッセージの使用によって、このような行動を起こしたのです。鍵となったのは、彼がいかにして複数の聴衆を同時に相手にしたかということだ。ひとつはウクライナ国民と兵士で、ゼレンスキーは、文字通り街頭や塹壕で彼らと同じリスクを共有する、あまりにも珍しい指導者の例を示している。

また、戦場での若々しいゼレンスキーの自撮り写真は、冷たい宮殿にいる年老いたプーチンと対照的で、文字通り長いテーブルを隔てて自分のアドバイザーとさえ距離を置いている。しかし、ゼレンスキーの「民衆の男」というメッセージは、西側諸国やその指導者の聴衆に影響を与えるというウクライナの本質的な戦略上の必要性にとっても重要である。戦争が始まったとき、キエフから自分を避難させるというアメリカの申し出に対して、「必要なのは弾薬であって、車ではない」といったミーム(記憶)に残りやすい言葉で応じたり、イタリアの指導者にツイッターで批判したりしたとき、彼は感情的なニーズと政治的なニーズの両方を満たしていたのである。繰り返すが、「#LikeWar」のすべての行為は、ネット上のショーと現実世界のゴールを結びつけるものである。ゼレンスキーは、自分が個人的に戦いに参加していることを示すことで、ウクライナが戦いに参加するために必要な援助を加速させる最善の方法となったのだ。

Zelensky stays in #Kyiv

He recorded a video on Bankova Street along with other statesmen of #Ukraine.

Thus, he refuted the misinformation of Russian propagandists about his alleged escape from the city. pic.twitter.com/py587WDK8Q
— NEXTA (@nexta_tv) February 25, 2022

キエフに滞在するZelenskyさん

彼はウクライナの他の政治家とともにバンコバ通りでビデオを録画しました。

こうして彼は、市からの脱出を主張するロシアのプロパガンダの誤報に反論した。 pic.twitter.com/py587WDK8Q
- ネクスタ (@nexta_tv) 2022年2月25日

 
 
6)民間人の被害を増幅させる

ウクライナの大義の正当性は、戦闘によって一般市民にもたらされた深刻な被害に関するメッセージの安定した流れによっても補強されている。ロシアは、ネオナチ政権(どういうわけかユダヤ人が率いているが、それはさておき)の残虐行為や抑圧から市民を救出することが侵略の動機だと主張している。

このストーリーは、ロシアが救援に向かうとされる人々への攻撃の画像やメッセージによって、かえって打ち消されている。注目すべきは、ロシアのミサイルが遊び場やショッピングモールを直撃するなど、視覚的に響くだけでなく、明らかに民間人であることを示す例である。こうした画像や物語は通常、まず現場にいた誰かが撮影し、その後、公式アカウントなどのネットワークの主要なノードによって注目され、外部に広げられていく。実際、救急車への砲撃や逃げ惑う子どもたちの殺害など、明らかな戦争犯罪の画像や動画が数多く共有されており、赤十字国際委員会でさえもロシアをサブツイートしている。

A Russian unexploded missile at a playground in Kyev. pic.twitter.com/ezOv1D5fg4
— MotherRiverZen (@MotherRiverZen) February 27, 2022

キエフの遊び場[公園]にロシアの不発弾が! pic.twitter.com/ezOv1D5fg4
- MotherRiverZen (@MotherRiverZen) 2022年2月27日

7)民間の抵抗の拡大

とはいえ、民間人の役割は、単に被害者を演じることではない。多くの戦争がそうであるように、ウクライナでの戦いは政治的正統性に関わるものです。だから、ウクライナにとって、兵士だけでなく、国のために反撃する市民を見せることが非常に重要であることが証明された。民衆の抵抗の物語では、激しいコントラストが最も強力であることが証明されています。これまでで最も象徴的だったのは、ウクライナの老女が武装したロシア兵に「ひまわりの種をポケットに入れておけば、死んでも育つ」と叱咤するYouTubeの映像です。この動画は、他の動画と同様、数時間のうちにミーム(meme)と化した。
※ロシア兵にひまわりの種を渡したウクライナの老女
https://www.businessinsider.jp/post-251164
https://www.bbc.com/japanese/video-60533687

しかし、ウクライナの一般市民がロシア兵に立ち向かったという最も有名なネット上の物語以外にも、文字通り何千もの例があるのだ。ロシア軍の戦車を阻止する市民の動画から、"Putin is a dickhead "と書かれたラベルを貼った火炎瓶の画像まで、さまざまな事例がある。しかし、おそらく最も勇敢なのは、ロシア占領地からの映像で、救出されたと思われるウクライナ人が実際に新しい捕虜から解放されることを望んでいることを示すものである。

Residents of a town in Chernihiv blocked Russian tanks from passing through their village. https://t.co/dY5p9wluCm pic.twitter.com/MEyoXgkfp8
— Rob Lee (@RALee85) February 27, 2022

チェルニヒフの町の住民が、ロシアの戦車が自分たちの村を通過するのを阻止した。https://t.co/dY5p9wluCm pic.twitter.com/MEyoXgkfp8
- ロブ・リー (@RALee85) 2022年2月27日

 
 
 
(続く)

後半部
https://kenmod.demupa.net/articles/394

記事の反応(1) | 返信 | 22/03/12 23:43:45

Minecraft の1.8のforgeをLinux(Linux Mint Debian Editionで動かす

問題点

Forgeが古いjava8でないと動かない

環境

Debian(LMDE4)

方法

AdoptOpenJDKをインストール

普通に古いリポジトリから持ってくると変更禁止パッケージで怒られた(おまかん)ので代わりにAdoptOpenJDKをつかう
https://stackoverflow.com/questions/57031649/how-to-install-openjdk-8-jdk-on-debian-10-buster

wget -qO - https://adoptopenjdk.jfrog.io/adoptopenjdk/api/gpg/key/public | sudo apt-key add -
sudo add-apt-repository --yes https://adoptopenjdk.jfrog.io/adoptopenjdk/deb/
sudo apt-get update &amp;&amp; sudo apt-get install adoptopenjdk-8-hotspot

上記のコマンドを貼り付けてインストール

パスを設定する

この動画を参考に
https://www.youtube.com/watch?v=FZqs6AQUQBI

JAVAのパス指定の設定で

/usr/lib/jvm/adoptopenjdk-8-hotspot-amd64/jre/bin/java

を入力で起動

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/12 13:45:18

NATO不拡大の約束は存在しない

ゴルバチョフ本人やロシア側当事者が否定している
 
Mikhail Gorbachev: I am against all walls
Oct 16 2014
Maxim Kórshunov
RBTH
https://www.rbth.com/international/2014/10/16/mikhail_gorbachev_i_am_against_all_walls_40673.html
 
NATO不拡大の約束はなかった
――プーチンの神話について
公益財団法人日本国際フォーラム
(袴田 茂樹 日本国際フォーラム評議員/安全保障問題研究会会長/青山学院大学名誉教授)
https://www.jfir.or.jp/studygroup_article/7401/
 
 
 
※M.G.:ミハイル・ゴルバチョフ
>RBTH: One of the key issues that has arisen in connection with the events in Ukraine is NATO expansion into the East. Do you get the feeling that your Western partners lied to you when they were developing their future plans in Eastern Europe? Why didn’t you insist that the promises made to you – particularly U.S. Secretary of State James Baker’s promise that NATO would not expand into the East – be legally encoded? I will quote Baker: “NATO will not move one inch further east.”

M.G.: The topic of “NATO expansion” was not discussed at all, and it wasn’t brought up in those years. I say this with full responsibility. Not a singe Eastern European country raised the issue, not even after the Warsaw Pact ceased to exist in 1991. Western leaders didn’t bring it up, either. Another issue we brought up was discussed: making sure that NATO’s military structures would not advance and that additional armed forces from the alliance would not be deployed on the territory of the then-GDR after German reunification. Baker’s statement, mentioned in your question, was made in that context. Kohl and [German Vice Chancellor Hans-Dietrich] Genscher talked about it.

Everything that could have been and needed to be done to solidify that political obligation was done. And fulfilled. The agreement on a final settlement with Germany said that no new military structures would be created in the eastern part of the country; no additional troops would be deployed; no weapons of mass destruction would be placed there. It has been observed all these years. So don’t portray Gorbachev and the then-Soviet authorities as naïve people who were wrapped around the West’s finger. If there was naïveté, it was later, when the issue arose. Russia at first did not object.

(DeepLによる翻訳)
RBTH:ウクライナ情勢に関連して生じた重要な問題の1つは、NATOの東方への拡大です。西側諸国のパートナーが東欧での将来計画を策定する際に、あなたに嘘をついたという感覚はありませんか?なぜ、あなた方との約束、特にベーカー米国務長官の「NATOは東方へ拡大しない」という約束に、法的な符号をつけるよう主張しなかったのでしょうか。ベーカーの言葉を引用しよう。「NATOは1インチたりとも東に進出してはならない」。

M.G.:「NATOの拡大」という話題は、当時はまったく議論されませんでしたし、持ち出されることもありませんでした。私は全責任を負ってこれを言う。1991年にワルシャワ条約が消滅した後も、東欧諸国は一国もこの問題を提起しませんでした。西側の指導者たちも、この問題を取り上げなかった。私たちが提起したもう一つの問題は、NATOの軍事機構が前進しないようにすること、そしてドイツ統一後に同盟からの追加武力が当時のドイツ民主共和国の領土に展開されないようにすることが議論されました。ご質問にあるベーカーの発言は、そのような文脈でなされたものです。コールと(ドイツのハンス・ディートリッヒ)ゲンシャー副首相がそのことについて話した。

その政治的義務を強固にするためにできたこと、する必要があったことはすべて行われた。そして果たされた。ドイツとの最終決着に関する合意では、東部地域に新たな軍事機構を作らない、追加の軍隊を配備しない、大量破壊兵器をそこに置かない、とされた。それをずっと守ってきた。だから、ゴルバチョフや当時のソ連当局を、西側の指に巻きつくようなナイーブな人たちとして描かないでほしい。もし、ナイーブさがあったとすれば、それは後にこの問題が発生した時のことだ。ロシアは最初、反対しなかった。

記事の反応(0) | 返信 | 22/03/03 04:03:16

【悲報】在日ウクライナ人のナザレンコ・アンドリーさん、ロシア侵攻以降なぜかプロフィールが変わってしまう

【悲報】在日ウクライナ人のナザレンコ・アンドリーさん、ロシア侵攻以降なぜかプロフィールが変わってしまう

https://archive.vn/pX6Cf
>在日ウクライナ人。会社員(国際貿易)。
▼政治的立場▼
・国民自由主義 (民族主義政治+自由市場資本主義経済)
・小政府主義
・自己責任至上主義
・八紘一宇
・親日・親米・反共・反露
 ↓
https://archive.vn/0PEIb
>在日ウクライナ人。会社員(国際貿易)。

記事の反応(0) | 返信 | 22/02/27 21:55:48

嫌儲・ν速で挙がる必読書リスト(「10代で読んでいないと恥ずかしい必読書」)の元ネタについて

本を読んで教養を身に着けようと思う。何を読めばいい? [395422891]
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1645948861/
  
338 自分:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ b3af-zhIU)[] 投稿日:2022/02/27(日) 19:46:44.20 ID:RC3WkLpB0 [5/6]
>>289
おぼろげな記憶とkakikomi,txtを元に、ソース見つけてきたぞ
全部が全部、タイトルのかっこよさで選ばれてる、とはならんと思う
  
  
  
※嫌儲・ν速で挙がる必読書リスト(「10代で読んでいないと恥ずかしい必読書」の元ネタについて
  
これだけは読んどけって本 [685321817]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1590237524/361
  
350 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW b66d-xrdv):2020/05/23(土) 23:09:41.26 ID:DWDdb68y0
>>343
これ出所はNHKでしばき隊幹部だったnosのブログなんだよな
この人のブログは本当に読みごたえあった
しばき隊はちょっとあれだけど
  
361 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 76c5-crVl):2020/05/23(土) 23:14:18.75 ID:iqDkyOo30
>>350
出所は柄谷行人他の必読書150だよ
それを俺が旧速のときから改変してるもの
  
425 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 76c5-crVl):2020/05/23(土) 23:30:48.04 ID:iqDkyOo30
>>395
元々必読書150がベースだな
リストの方針はかっこよさそうなもの
  
342 自分返信:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ b3af-zhIU)[sage] 投稿日:2022/02/27(日) 19:48:17.72 ID:RC3WkLpB0 [6/6]
>>338
『必読書150』の一覧
http://digi-log.blogspot.com/2006/10/150.html
  
※リスト引用は省略

記事の反応(0) | 返信 | 22/02/27 19:48:53

ケンモFM

勢いがあるスレッド0つの内容をお知らせします

読まなくなって悲しい

記事の反応(0) | 返信 | 22/02/25 16:44:06

LMDE4でcinnamon-setting(設定のGUI)がいつの間にか動かなくなっていた

LMDE4 (Linux mint Debian Edition)でcinnamon-setting(設定のGUI)がいつの間にか動かなくなっていた
状況は

$ cinnamon-settings
No module named 'PIL'

PILはもちろん入っている
色々調べた結果
https://stackoverflow.com/questions/69645944/linux-mint-cinnamon-error-opening-settings-no-module-named-pil
を参考に
/usr/share/cinnamon/cinnamon-settings/bin/util.py を書き換えた

if path.startswith((&quot;/usr/local&quot;, os.path.expanduser(&quot;~/.local&quot;))):
            continue

を書き換えコメントアウト

無事動くようになった
reddtiのフォーラム見て再インストールしても無駄だったぞ
さっさと直してくれよ...

記事の反応(1) | 返信 | 22/02/24 19:18:47

5chスクリプト荒らしのF9(神房男)と政治スクリプト、ドコモスクリプトが全てグルという説

ありそう

*スクリプト達の埋め立てスピード

F9(オッペケ、オイコラミネオ)
59から
埋め立て開始 20:28:12.13
埋め立て終了 20:33:50.01

https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1639999258/

ネトウヨスクリプト(アウアウ、スプー、オッペケ)
86から
埋め立て開始18:23:15.59
埋め立て終了18:26:36.73

https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1639991167/

ちなみに最近現れたカウンタースクリプト(スプー)は模倣犯
投稿間隔も遅い

>>2-26まで
連投開始14:00:33:97
連投終了14:00:58:92
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1640235600/

*何故かヘアプアF9疑惑スレを埋め立て

F9=ヘアプア疑惑スレが何故か政治スクリプトに潰される・・・一体なぜ
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1640945272/

・手動だとバレる

【悲報】スクリプト手動だった 荒らしてる途中でレスを返してしまう
https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1641026532/

記事の反応(0) | 返信 | 22/01/31 13:02:50

日本競馬のG1相当レース数の変遷について

書く場所が思いつかないので、取りあえずここに書いておく。
――――――――――――――――――――――――――――
日本競馬のG1相当レース数の変遷について

・いわゆる「連合二哩」、いわゆる「八大競走」、ビクトリアカップ、エリザベス女王杯及びジャパンカップは、グレード制の施行に拘らず、G1相当として扱う。
(ただし、この中ではビクトリアカップ及びエリザベス女王杯は八大競走と同格ではない)

・1928年に創設された各内国産牝馬連合競走についてはG1相当として扱わない。

・各競馬倶楽部で行われた帝室御賞典は、G1相当として扱わない(横浜(根岸)・東京(目黒)・阪神(鳴尾)・京都についてはG1相当と見なしても良いのかもしれない)

・宝塚記念は、全国発売となる1976年以降、G1相当として扱う。
(少なくとも、初期(第8回・1967年=昭和42年辺りまで)については関西馬しか勝っていないし、そもそも出走馬のほとんどが関西馬だから、八大競走と同格に扱うことはとてもできない。クラシックに準じて創設されたビクトリアカップ(又はエリザベス女王杯)よりもおそらく格は低い(グレード制導入以降はまた別))

・本稿では障害レースは扱わない。(中山グランドジャンプ(旧・中山大障害(春))、中山大障害(旧・中山大障害(秋))についてはJpn1となり、G1相当となる)

――――――――――――――――――――――――――――
1905年 0
(馬券発売を伴う競馬の開催が可能となる。いわゆる「馬券黙許時代」)

1908年 0
(閣令で馬券発売が禁止される)

1911年 1
(この年から優勝内国産馬連合競走(連合二哩(東京))開始。このレースは、前季の新馬戦を勝った馬だけで争われる優勝戦で上位2着までを占めた牡馬又は牝馬のみが出走できる当時としては唯一の大レースであった(1919年からは前季新馬戦の1着となった牡馬又は牝馬に出走条件変更)。「連合二哩」と呼ばれる)
 優勝内国産馬連合競走

1918年 2
(この年から優勝内国産馬連合競走は春秋2回開催)
 優勝内国産馬連合競走(春)
 優勝内国産馬連合競走(秋)

1923年 2
(この年、競馬法(旧)が成立し、馬券発売が再開される)

1924年 3
(この年の秋から、阪神で各内国産馬連合競走(連合二哩(阪神))が開始)
 優勝内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(東京)(春)
 優勝内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(東京)(秋)
 各内国産馬連合競走 又は連合二哩(阪神)

1925年 4
(この年から各内国産馬連合競走は春秋2回開催)
 優勝内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(東京)(春)
 優勝内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(東京)(秋)
 各内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(阪神)(春)
 各内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(阪神)(秋)

1927年 4
(各内国産馬連合競走が各内国産古馬競走に改称される)
 優勝内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(東京)(春)
 優勝内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(東京)(秋)
 各内国産古馬競走(春) 又は連合二哩(阪神)(春)
 各内国産古馬競走(秋) 又は連合二哩(阪神)(秋)

1928年 5
(優勝内国産馬連合競走が各内国産馬連合競走に改称される。また、この年は大礼記念が東京で施行される)
 各内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(東京)(春)
 各内国産馬連合競走(大礼) 又は連合二哩(東京)(大礼)
 各内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(東京)(秋)
 各内国産古馬競走(春) 又は連合二哩(阪神)(春)
 各内国産古馬競走(秋) 又は連合二哩(阪神)(秋)

1929年 4
 優勝内国産馬連合競走(春) 又は連合二哩(東京)(春)
 優勝内国産馬連合競走(秋) 又は連合二哩(東京)(秋)
 各内国産古馬競走(春) 又は連合二哩(阪神)(春)
 各内国産古馬競走(秋) 又は連合二哩(阪神)(秋)

1932年 6
(この年から東京優駿大競走(日本ダービー)開始。各内国産馬連合競走が農林省賞典競走に改称される(以降、廃止まで同様)。また、この年は大礼記念が阪神で施行される)
 東京優駿大競走
 農林省賞典競走(東京)(春)
 農林省賞典競走(東京)(秋)
 農林省賞典競走(阪神)(大礼)
 農林省賞典競走(阪神)(春)
 農林省賞典競走(阪神)(秋)

1933年 5
 東京優駿大競走
 農林省賞典競走(東京)(春)
 農林省賞典競走(東京)(秋)
 農林省賞典競走(阪神)(春)
 農林省賞典競走(阪神)(秋)

1937年 6
(この年の秋から帝室御賞典(天皇賞)開始。この年限りで連合二哩及び各地の競馬倶楽部で行われていた帝室御賞典が廃止される。前年に日本競馬会が創設され、それに伴って各地の競馬倶楽部が解散させられたことによるもの。また、帝室御賞典(天皇賞)は勝ち抜け制(一度勝った馬は出走できないとするもの。1980年まで実施)が採用される。)
 東京優駿大競走
 帝室御賞典=天皇賞(秋)
 農林省賞典競走(東京)(春)
 農林省賞典競走(東京)(秋)
 農林省賞典競走(阪神)(春)
 農林省賞典競走(阪神)(秋)

1938年 5
(この年から菊花賞、優駿牝馬(オークス)開始。また、帝室御賞典は春秋二回施行)
 東京優駿大競走
 京都農林省賞典4歳呼馬=菊花賞
 阪神優駿牝馬
 帝室御賞典(春)=天皇賞(春)
 帝室御賞典(秋)=天皇賞(秋)

1939年 7
(この年から桜花賞、皐月賞開始。五大クラシック・七大競走成立)
 横浜農林省賞典4歳呼馬=皐月賞
 東京優駿競走
 京都農林省賞典4歳呼馬=菊花賞
 中山4歳牝馬特別=桜花賞
 阪神優駿牝馬
 帝室御賞典(春)=天皇賞(春)
 帝室御賞典(秋)=天皇賞(秋)

1944年 5(実質4)
(この年、能力検定競走として実施されたのは、皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞(長距離特殊競走)、桜花賞、帝室御賞典(春)。菊花賞(長距離特殊競走)は全馬がコース間違えのため競走不成立)
 農商省賞典(東京)=皐月賞
 東京優駿競走
 長距離特殊競走=菊花賞
 中山4歳牝馬特別=桜花賞
 帝室御賞典=天皇賞(春)

1945年 0
(競馬中止)

1946年 2
(この年の10月から競馬再開。優駿牝馬(オークス)と菊花賞のみ実施)
 優駿牝馬
 農林省賞典4歳馬(京都)=菊花賞

1947年 7
(七大競走)
 農林省賞典(東京)=皐月賞
 東京優駿競走
 農林省賞典4歳馬(京都)=菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 平和賞=天皇賞(春)
 天皇賞(秋)

1956年 8
(この年から有馬記念(中山グランプリ)開始。いわゆる「八大競走」成立)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 中山グランプリ

1970年 9
(この年からビクトリアカップ開始)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 ビクトリアカップ
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 有馬記念

1976年 10
(この年からエリザベス女王杯開始。ビクトリアカップは前年限りで廃止。宝塚記念が全国発売となる)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 エリザベス女王杯
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 宝塚記念
 有馬記念

1981年 11
(この年からジャパンカップ開始)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 エリザベス女王杯
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 宝塚記念
 有馬記念
 ジャパンカップ

1984年 15
(グレード制導入。八大競走を含む15レースがG1に格付される)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 桜花賞
 優駿牝馬
 エリザベス女王杯
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 宝塚記念
 有馬記念
 ジャパンカップ
 安田記念
 マイルチャンピオンシップ
 朝日杯3歳ステークス
 阪神3歳ステークス

1990年 16
(スプリンターズステークスがG1に格付される。以降のレースの例示は最新のものを除き省略)

1991年 16
(朝日杯3歳ステークスが牡馬限定となる。阪神3歳ステークスが阪神3歳牝馬ステークスと改称し、牝馬限定となる)

1996年 19
(NHKマイルカップ、秋華賞がG1として新設。高松宮記念(高松宮杯)がG1に格付される)

1997年 23(20) ※()内はJRAのG1。以下同じ。
(フェブラリーステークス、東京大賞典、帝王賞、マイルチャンピオンシップ南部杯が統一G1に格付される)

1998年 24(20)
(川崎記念が統一G1に格付される)

1999年 25(20)
(ジャパンダートダービーが統一G1に格付される)

2000年 26(21)
(チャンピオンズカップ(ジャパンカップダート)がG1として新設)

2001年 28(21)
(宝塚記念が国際G1として格付される。JBCスプリント、JBCクラシックが統一G1として新設。馬齢表記が国際基準に統一される)

2002年 29(21)
(全日本2歳優駿が統一G1に格付される)

2004年 29(21)
(安田記念、マイルチャンピオンシップが国際G1として格付される)

2005年 30(21)
(スプリンターズステークスが国際G1として格付される。かしわ記念が統一G1に格付される)

2006年 31(22)
(ヴィクトリアマイルがG1として新設)

2007年 31(22)
(パート1国に昇格)

2013年 32(22)
(JBCレディスクラシックがJpn1に格付される)

2017年 34(24)
(大阪杯、ホープフルステークスがG1に格付される。以降、2022年まで同様)
 (中央)
 皐月賞
 東京優駿(日本ダービー)
 菊花賞
 NHKマイルカップ
 桜花賞
 優駿牝馬
 秋華賞
 エリザベス女王杯
 ヴィクトリアマイル
 大阪杯
 天皇賞(春)
 天皇賞(秋)
 宝塚記念
 有馬記念
 ジャパンカップ
 安田記念
 マイルチャンピオンシップ
 高松宮記念
 スプリンターズステークス
 朝日杯フューチュリティステークス
 阪神ジュベナイルフィリーズ
 ホープフルステークス
 フェブラリーステークス
 チャンピオンズカップ(旧・ジャパンカップダート)
 (地方:東京大賞典を除き、全てJpn1)
 川崎記念
 帝王賞
 東京大賞典
 かしわ記念
 マイルチャンピオンシップ南部杯
 JBCスプリント
 JBCクラシック
 JBCレディスクラシック
 ジャパンダートダービー
 全日本2歳優駿

――――――――――――――――――――――――――――
以上

記事の反応(0) | 返信 | 22/01/24 23:12:50

過去ログ一覧を取得するスクリプト

過去ログ一覧を取得するスクリプト(Python3.8)

過去ログβだと検索がしょぼくヒットしないことがある
なので過去ログ取得用にスクリプト書いたので共有

  • 環境
    python3.8
    requestsとpandasが必要
    (Linuxで動作確認)
インストール

python3.8をインストール
あとは

pip install requests pandas

をターミナルに入力すれば準備終わり
以下のコードをutf-8で貼り付けて保存

環境を汚したくなくてvenv使うなら以下をやってからインストール

  1. 共通
python3 -m venv .venv
  1. 各OSに合わせて
  • Windows

    .venv\Scripts\activate.bat
  • Linux

    source .venv/bin/activate
スクリプト本体

python3 保存した名前.py で実行すればcsvが生成されます

import urllib
import time

import requests
from bs4 import BeautifulSoup
import pandas as pd

URL = &quot;https://maguro.2ch.sc/poverty/kako/&quot;
xpath_str = &quot;//tbody/tr/td[4]/a/@href&quot;
log_file_name = &quot;poverty_subject_log.txt&quot;

r = requests.get(URL)
# ログのURLリスト作成
soup = BeautifulSoup(r.content, &quot;lxml&quot;)
link_list = soup.select(&quot;a&quot;)
url_list = [urllib.parse.urljoin(URL, i.get(&quot;href&quot;))
            for i in link_list if &quot;subject.txt&quot; in i]

# ログ全体を取得してcsvに(BE番号はなかったらそのまんま空)
reg_pattern = r'(\d+).dat&lt;&gt;(.*)[\s\t]*\[*(\d*)\]*\s+\((\d+)\)$'
for url in reversed(url_list):
    r_subjects = requests.get(url)
    # NOTE: r_subjects.contentだとデコードでcp932でもshift-jisでも引っかかる謎ファイルがあるのでtextにした(o1405/subject.txt)
    text = r_subjects.text
    tmp_df = pd.Series(text.splitlines()).str.extract(reg_pattern, expand=True)
    tmp_df.to_csv('thread_list.csv', mode='a+')
    with open(log_file_name, &quot;a+&quot;) as f:
        if r_subjects.apparent_encoding:
            f.write(url + &quot;,&quot; + r_subjects.apparent_encoding + &quot;\n&quot;)
        else:
            f.write(url + &quot;,&quot; + &quot;\n&quot;)
    time.sleep(5) #NOTE: Gone行きやCloudflare回避のためにゆっくり寝かす 本来はちゃんとヘッダ細かく設定したほうがいいがだるい
記事の反応(0) | 返信 | 22/01/13 18:55:06