ゴルバチョフ本人やロシア側当事者が否定している
 
Mikhail Gorbachev: I am against all walls
Oct 16 2014
Maxim Kórshunov
RBTH
https://www.rbth.com/international/2014/10/16/mikhail_gorbachev_i_am_against_all_walls_40673.html
 
NATO不拡大の約束はなかった
――プーチンの神話について
公益財団法人日本国際フォーラム
(袴田 茂樹 日本国際フォーラム評議員/安全保障問題研究会会長/青山学院大学名誉教授)
https://www.jfir.or.jp/studygroup_article/7401/
 
 
 
※M.G.:ミハイル・ゴルバチョフ
>RBTH: One of the key issues that has arisen in connection with the events in Ukraine is NATO expansion into the East. Do you get the feeling that your Western partners lied to you when they were developing their future plans in Eastern Europe? Why didn’t you insist that the promises made to you – particularly U.S. Secretary of State James Baker’s promise that NATO would not expand into the East – be legally encoded? I will quote Baker: “NATO will not move one inch further east.”

M.G.: The topic of “NATO expansion” was not discussed at all, and it wasn’t brought up in those years. I say this with full responsibility. Not a singe Eastern European country raised the issue, not even after the Warsaw Pact ceased to exist in 1991. Western leaders didn’t bring it up, either. Another issue we brought up was discussed: making sure that NATO’s military structures would not advance and that additional armed forces from the alliance would not be deployed on the territory of the then-GDR after German reunification. Baker’s statement, mentioned in your question, was made in that context. Kohl and [German Vice Chancellor Hans-Dietrich] Genscher talked about it.

Everything that could have been and needed to be done to solidify that political obligation was done. And fulfilled. The agreement on a final settlement with Germany said that no new military structures would be created in the eastern part of the country; no additional troops would be deployed; no weapons of mass destruction would be placed there. It has been observed all these years. So don’t portray Gorbachev and the then-Soviet authorities as naïve people who were wrapped around the West’s finger. If there was naïveté, it was later, when the issue arose. Russia at first did not object.

(DeepLによる翻訳)
RBTH:ウクライナ情勢に関連して生じた重要な問題の1つは、NATOの東方への拡大です。西側諸国のパートナーが東欧での将来計画を策定する際に、あなたに嘘をついたという感覚はありませんか?なぜ、あなた方との約束、特にベーカー米国務長官の「NATOは東方へ拡大しない」という約束に、法的な符号をつけるよう主張しなかったのでしょうか。ベーカーの言葉を引用しよう。「NATOは1インチたりとも東に進出してはならない」。

M.G.:「NATOの拡大」という話題は、当時はまったく議論されませんでしたし、持ち出されることもありませんでした。私は全責任を負ってこれを言う。1991年にワルシャワ条約が消滅した後も、東欧諸国は一国もこの問題を提起しませんでした。西側の指導者たちも、この問題を取り上げなかった。私たちが提起したもう一つの問題は、NATOの軍事機構が前進しないようにすること、そしてドイツ統一後に同盟からの追加武力が当時のドイツ民主共和国の領土に展開されないようにすることが議論されました。ご質問にあるベーカーの発言は、そのような文脈でなされたものです。コールと(ドイツのハンス・ディートリッヒ)ゲンシャー副首相がそのことについて話した。

その政治的義務を強固にするためにできたこと、する必要があったことはすべて行われた。そして果たされた。ドイツとの最終決着に関する合意では、東部地域に新たな軍事機構を作らない、追加の軍隊を配備しない、大量破壊兵器をそこに置かない、とされた。それをずっと守ってきた。だから、ゴルバチョフや当時のソ連当局を、西側の指に巻きつくようなナイーブな人たちとして描かないでほしい。もし、ナイーブさがあったとすれば、それは後にこの問題が発生した時のことだ。ロシアは最初、反対しなかった。